ボヘミア
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

小惑星については「ボヘミア (小惑星)」をご覧ください。

ボヘミア(ラテン語: Bohemia、チェコ語: ?echy、ドイツ語: Bohmen, ベーメン)は、現在のチェコの西部・中部地方を指す歴史的地名。古くはより広くポーランドの南部からチェコの北部にかけての地方を指した。西はドイツで、東は同じくチェコ領であるモラヴィア、北はポーランド(シレジア)、南はオーストリアである。

この地方は牧畜が盛んである。牧童の黒い皮の帽子に皮のズボンにベストは、オーストリア帝国馬術や馬を扱う人たちに気に入られた。このスタイルは、オーストリアと遠戚関係にあるスペインを経て、アメリカカウボーイの服装になったといわれる。西欧にも伝わり、芸術家気取り、芸術家趣味と解されて、ボヘミアンやボヘミアニズムという言い方も生まれた。ボヘミア チェコ西部から中部に位置する緑色の部分


目次

1 名称

2 歴史

2.1 ケルト人

2.2 ローマ帝国との戦い

2.3 チェコ人の形成

2.4 プシェミスル家

2.5 ルクセンブルク家

2.6 ハプスブルク家

2.7 チェコスロバキア

2.8 ドイツ

2.9 チェコスロバキア

2.10 チェコ


3 出身者

4 脚注

5 関連項目


名称

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年2月)

ボヘミアをチェコ語ではチェヒ(チェコ語: ?echy)と呼び、チェコ共和国チェコ語: ?eska republika)、通称チェコ(チェコ語: ?esko)をチェヒとも呼ぶ。由来は6世紀頃までに形成されたチェコ人チェコ語: ?e?i)にあり、意味は「『人々/光』の土地」である。

ラテン語における『ボヘミア』(ラテン語: Bohemia)の呼称[要出典]は、古代にボヘミアからモラヴィアスロバキアにかけての地域に居住していたケルト人の一派、ボイイ人古代ギリシア語: Β??οι、ラテン語: Boii)に由来し、意味は「『(戦士の)人々』の土地」と考えられている。ドイツ語ではベーメン(ドイツ語: Bohmen)と言い、ラテン語の『ボヘミア』の語源と同じ由来と考えられている。
歴史
ケルト人

古代にはボイイ人古代ギリシア語: Β??οι、ラテン語: Boii)がボヘミアからモラヴィア、スロバキアにかけての地域に住んでいた。
ローマ帝国との戦い

紀元前9年大ドルスス率いるローマ軍団マルコマンニをボヘミアに追いやった。マルコマンニ王のマルボドゥウスの治世下では、同じゲルマン系で北方のケルスキ族(英語版)のアルミニウスと不仲であった為、トイトブルク森の戦いには参加せず、中立を保った。マルボドゥウスの死後、強大化したマルコマンニはマルクス・アウレリウスコンモドゥスの治世下でマルコマンニ戦争162年 - 180年)を起こし、ローマ帝国衰退のきっかけとなった。
チェコ人の形成

567年アヴァールパンノニア平原にアヴァール可汗国(英語版)を建国すると、その侵攻を受け、6世紀以降、西スラヴ人が移住し、モラヴィアの西スラヴ人とともに現在のチェコ人となった。7世紀始めにサモ王国(英語版)(623年-658年)が建国された。この後については、モラヴィア#歴史を参照されたい。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:29 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE