ホーホザウアーラント郡
[Wikipedia|▼Menu]

紋章地図
(郡の位置)

基本情報
連邦州:ノルトライン=ヴェストファーレン州
行政管区:アルンスベルク行政管区
地域連合:ヴェストファーレン=リッペ地域連合
郡庁所在地:メシェデ
面積:1,960.17 km2[1]
人口:

301,693人(2017年12月31日現在)[2]
人口密度:227 人/km2
ナンバープレート:HSK
自治体コード:05 9 58
郡の構成:12 市町村
郡庁舎の住所:Steinstrase 27
59872 Meschede
ウェブサイト: ⇒hochsauerlandkreis.de
郡長:カール・シュナイダー (Karl Schneider)
州内の位置

ホーホザウアーラント郡 (ドイツ語: Hochsauerlandkreis) は、ドイツ連邦共和国ノルトライン=ヴェストファーレン州南東部のアルンスベルク行政管区に属す郡である。この郡は同州で最も広い郡である。
目次

1 地理

1.1 位置

1.2 隣接する郡


2 歴史

2.1 人口推移


3 行政

3.1 郡議会

3.2 郡長

3.3 上級郡行政官

3.4 紋章、旗、幟

3.5 姉妹地域


4 郡の構成

5 自然と環境

6 経済と社会資本

6.1 経済

6.2 メディア

6.3 交通

6.3.1 鉄道

6.3.2 アウトバーン

6.3.3 航空



7 参考文献

7.1 書籍

7.2 ウェブ


8 出典

9 外部リンク

地理
位置

この郡をルール川とレネ川(ドイツ語版、英語版)が流れている。この2つの川は共にホーホザウアーラント郡に属する自治体の1つであるヴィンターベルク内から湧出している。

ホーホザウアーラント郡で最も高い山は、同時にノルトライン=ヴェストファーレン州で最も高い山でもあるランゲンベルク(ドイツ語版、英語版)で、海抜 843.2 m である。逆に郡内で最も標高の低い地点はアルンスベルク=フォスヴィンケルのルール川沿い、フュヒテン邸付近の海抜 146 m である。
隣接する郡

ホーホザウアーラント郡は、北西から時計回りにゾースト郡パーダーボルン郡ヘクスター郡(いずれもノルトライン=ヴェストファーレン州)、ヴァルデック=フランケンベルク郡ヘッセン州)、ジーゲン=ヴィトゲンシュタイン郡オルペ郡、メルキシャー郡(ドイツ語版、英語版)(再びノルトライン=ヴェストファーレン州)と境を接している。
歴史

ホーホザウアーラント郡は、ザウアーラント/パーダーボルン法[3]に基づいて、1975年1月1日に現在の形になった。それ以前この地域は、アルンスベルク郡、メシェデ郡、ブリーロン郡に分かれていた。1975年の再編により、旧アルンスベルク郡のヴァールシュタインはゾースト郡に、バルヴェとアスベックはメルキシャー郡に編入された。アムト・ゼルケンローデは早くも1969年に旧メシェデ郡からオルペ郡に移管されていた。

新しく成立したホーホザウアーラント郡には、ヴィトゲンシュタイン郡からノイアステンベルク、モルザイフェン、ランゲヴィーゼ、ホーエライエが加わった。旧ビューレン郡からは、エッセントー、メールホーフ、ヴェストハイムがマルスベルク市に移管された[4]
人口推移

年人口(人)[5]
1975269,748
1980267,979
1985260,684
1990268,627
1995283,857
2000281,830
2005277,219
2010267,601

上記のように21世紀初頭においてホーホザウアーラント郡内の人口は減少傾向にある。そして、2015 IT.NRW の予測では、今後も人口減少傾向は変わらないとされている。2014年から2040年までの間に人口は 16 % 減少すると予測されている。さらに労働者人口に至っては 27.4 % 減少する(136,400人から 99,700人と 36,700人減少)と、同時期の年齢推移に基づいてIT.NRW は予測している。
行政 ホーホザウアーラント郡の郡庁舎
郡議会

2014年9月現在の郡議会の議員構成を以下の表に示す[6]

CDUSPDGRUNEFDPDIE LINKESBL/FW無所属合計
28144322154
PIRATEN 1

郡長

1975年 - 1991年: ロルフ・フュルグレーベ (CDU)

1991年 - 2005年: フランツ=ヨーゼフ・ライコップ (CDU)(1995年5月1日から専任)

2005年 - : カール・シュナイダー (CDU)

上級郡行政官

二頭制時代の行政責任者

1975年 - 1987年: アーダルベルト・ミュルマン

1987年 - 1995年: エーゴン・ミュール

紋章、旗、幟

ホーホザウアーラント郡は、紋章、旗、幟を使用する権利を有している。

紋章の図柄: 赤地に、銀色(白)小盾を掲げた銀色(白)の。小盾には両端まで達する黒い十字が描かれている。

紋章の解説: ホーホタウヌス郡は、かつてのアルンスベルク伯領(ドイツ語版)とヴェストファーレン公領(ドイツ語版、英語版)を含んでいる。郡の紋章には、両領邦の紋章の意匠がそれぞれ取り込まれている。元々赤と銀に彩色されていたアルンスベルクの鷲と、ケルン選帝侯の十字である。この紋章は廃止されたアルンスベルク郡に対して1963年10月31日に認可された紋章であった。新しい郡にこの紋章を用いることは、1975年10月31日に確認された[7][8]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:35 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE