ホワイトハウス
[Wikipedia|▼Menu]

「ホワイトハウス」のその他の用法については「ホワイトハウス (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ホワイト・ハウス
White House

ワシントンD.C.の地図を表示アメリカ合衆国の地図を表示
情報
用途大統領官邸
設計者ジェームス・ホバン(英語版)
チャールズ・フォレン・マッキム(英語版)
ベンジャミン・ラトローブ
ネイサン・C・ワイエス(英語版)
延床面積5,100 m²
階数地上4階、地下2階
高さ21m
着工1792年
竣工1800年
所在地ワシントンD.C.ペンシルベニア大通り1600(地図)
座標北緯38度53分51.6秒 西経77度02分11.8秒 / 北緯38.897667度 西経77.036611度 / 38.897667; -77.036611座標: 北緯38度53分51.6秒 西経77度02分11.8秒 / 北緯38.897667度 西経77.036611度 / 38.897667; -77.036611
テンプレートを表示

ホワイトハウス(: White House)は、次の2つの意味で使用されている。

アメリカ合衆国大統領が居住し、執務を行う官邸公邸の建物。転じて、(日本語における「官邸」と同様に)そこで働くスタッフらを含めた政権の中枢を指す。

アメリカ合衆国大統領行政府の中の一部局である「ホワイトハウス・オフィス」(資料によっては「ホワイトハウス事務局」との日本語表記も)。

また、前者の内、特に主要な4つの建物であるエグゼクティヴ・レジデンス、ウエストウイング(西棟)、イーストウイング(東棟)、アイゼンハワー行政府ビル、そして4つの庭であるローズ・ガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデン、北庭、南庭を指して「ホワイトハウス・コンプレックス」と総称する。
目次

1 概要

2 歴史

3 エグゼクティヴ・レジデンスの施設

3.1 諸元

3.2 地階

3.3 一階

3.4 二階

3.5 三階

3.6 その他


4 逸話

4.1 警備


5 注釈

6 関連項目

7 外部リンク

概要 拡大図 ホワイトハウスの構成
黄色い部分が「ホワイトハウス」と総称される大統領府、青い部分が「大統領公園」に指定されている敷地。

アメリカ合衆国首都であるワシントンD.C.の中心部に所在し、その住所である「ペンシルベニア通り1600番地(1600 Pennsylvania Avenue)」はアメリカで最も有名な住所である。
エグゼクティヴ・レジデンス
「メインハウス(Main House)」などとも呼ばれ、大統領とその家族が暮らす公邸であるほか、外国首脳や議会関係者など要人との会談や、条約や重要法案の調印式、上級公職の任命会見、重要な記者会見、訪問者との会見、晩餐会やレセプション、その他の公的な行事が行われる場所でもある。レジデンスからは「コロナード(Colonnade)」と呼ばれる渡り廊下が東西に伸びてそれぞれウエストウイングやイーストウイングに連結している。コロナード自体も、中に事務室が入居する大規模な連結棟である。
ウエストウイング
「オーバルオフィス」と呼ばれる大統領執務室をはじめ、閣議室、国家安全保障会議室のほか、副大統領首席補佐官、大統領補佐官、報道官、法律顧問、上級顧問などの上級スタッフのオフィスなどが入る、アメリカ政府の中枢。地下には世界に展開するアメリカ軍や関係機関と最高レベルの情報連携をしているシチュエーションルームがある。
イーストウイング
ファーストレディ、そのスタッフのオフィス[1]、及びホワイトハウス社会事業担当官のオフィスが入る。また、地下はバンカーと呼ばれる核シェルター機能を備えた大統領危機管理センターとなっている。2001年9/11テロの際、ハイジャック機が首都に接近との報を受けたチェイニー副大統領、ライス国家安全保障担当大統領補佐官を始めとするホワイトハウス・スタッフは、直ちにここに避難した。
ローズ・ガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデン、ノース・ローン、サウス・ローン
天気のよい日にはイベントが開催されることもある。レジデンスとウエストウイングに囲まれた一画は「ローズ・ガーデン」、レジデンスとイーストウイングに囲まれた一画は「ジャクリーン・ケネディ・ガーデン」と呼ばれ、ここで重要な法案や条約の調印式が行われることも多い。サウスローンのさらに南には「ザ・エリプス(The Ellipse、楕円)」と呼ばれる、文字通り楕円形の広大な庭が広がっている。観光客がコンスティテューション通りから柵越しに見ることができるホワイトハウスは、この「ザ・エリプス」越しの景観である。
アイゼンハワー行政府ビル
「行政府旧館(Old Executive Office Building)」とも呼ばれ、ウエストウイングから小道を挟んだ西側にある。副大統領オフィスがここにある他[2]国家安全保障会議事務局、行政管理予算局が入る等、事務スタッフが詰めている。

なお、ホワイトハウスと、これに隣接するラファイエット公園(Lafayette Park)、ザ・エリプス(The Ellipse)、及びホワイトハウス見学者オフィスは、便宜上、大統領公園(だいとうりょう こうえん)という国立公園に指定されており、その土地と建物は国立公園局が管理している。
歴史 コンペで当選したホーバン案(1793年)
建設と設計
大統領府であるホワイトハウス建設が開始されたのは初代大統領のジョージ・ワシントンのときで、1792年10月13日に礎石が置かれて着工したが、公式の定礎式は挙行されなかった[3]1790年ワシントンD.C.(コロンビア特別区)の設置と区画が決定され、フィラデルフィアに変わる新首都建設が始まるとワシントンは大統領府のデザインをコンペで募集し、九件の最終候補の中からアイルランド出身の建築家、ジェームズ・ホーバンの案を採用した。基礎部分は当時の黒人奴隷、石細工は主にスコットランド人が工事を担っていた。着工から8年後の1800年11月に完成したが、初代大統領のワシントンはすでに大統領職を辞していたばかりか前年に亡くなっており、完成した姿を目にする事はなかった。そのため、最初にこの大統領官邸に入居したのは2代目大統領のジョン・アダムズからとなったのである。以後も大統領府はここに置かれ、200年経った現在でも首都ワシントンと共にアメリカの政治の中枢となっている。

 建物は16世紀のイタリアの建築家アンドレーア・パッラーディオのパッラーディオ様式を取り入れており、イタリアのヴィチエンツァ郊外にあるヴィラ(邸宅)「ラ・ロトンダ」(1994年に世界遺産登録)に酷似している。パッラーディオ自身はヴィラ(邸宅)ではなくパラッツォ(宮殿)と分類している。 現存する最古の写真(1846年)
戦争による焼失
1814年8月、大統領官邸は米英戦争ブラーデンスバーグの戦いでの敗北により、イギリス軍による焼き討ちにあい、石積みの外壁を残して全てが灰燼に帰してしまった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:66 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE