ホワイトチョコレート
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「ホワイトチョコ」はこの項目へ転送されています。LOVEの2ndシングルについては「White choco」をご覧ください。

ホワイトチョコレート[1]100 gあたりの栄養価
エネルギー2,460 kJ (590 kcal)

炭水化物50.9 g
食物繊維0.6 g

脂肪39.5 g
飽和脂肪酸22.87 g
一価不飽和11.92 g
多価不飽和1.32 g

タンパク質7.2 g

ビタミン
ビタミンA相当量β-カロテン(6%)50 μg(0%)38 μg
チアミン (B1)(7%)0.08 mg
リボフラビン (B2)(33%)0.39 mg
ナイアシン (B3)(1%)0.2 mg
パントテン酸 (B5)(21%)1.05 mg
ビタミンB6(4%)0.05 mg
葉酸 (B9)(2%)8 μg
ビタミンE(5%)0.8 mg
ビタミンK(9%)9 μg

ミネラル
ナトリウム(6%)92 mg
カリウム(7%)340 mg
カルシウム(25%)250 mg
マグネシウム(7%)24 mg
リン(30%)210 mg
鉄分(1%)0.1 mg
亜鉛(8%)0.8 mg
(1%)0.02 mg
セレン(7%)5 μg

他の成分
水分0.8 g
コレステロール22 mg
水溶性食物繊維0.6 g
ビオチン(B7)4.4 μg
ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]。 


単位

μg = マイクログラム ? mg = ミリグラム

IU = 国際単位

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。

ホワイトチョコレートは、砂糖ココアバター乳固形分で作られる菓子である。ココアバターの融点はホワイトチョコレートが室温で固体を保つには十分高く、口の中では溶ける温度である。そのため、ホワイトチョコレートは、ミルクチョコレートと似た外見を持つ。


目次

1 特徴

2 歴史

2.1 米国での販売

2.2 日本での販売

2.3 英国での販売


3 成分と規格

3.1 米国および欧州の規格

3.2 日本の規格


4 菓子作りでの使用

5 ホワイトチョコレートを使用した製品

6 脚注

7 参考文献


特徴

カカオマスに含まれている口溶けのよい油分を主体とし、ココアバターから苦味のある褐色部分を除去して作られている。そのため、味は普通のチョコレートと比べかなり甘さが目立ち、添加される脱脂粉乳のためにややミルキーでもある。褐色原料の除去により、チョコレートのもつ抗酸化成分も取り除かれているため、保存性は普通のチョコレートよりも低い[3]
歴史

1930年、初めて製造された[3]

この節の加筆が望まれています。

米国での販売

米国では、ヒーバート・キャンディーズ(Hebert Candies)[4]1955年に最初に大規模に発売したが、この製品が欧州でちょうど1年前に作られ始めているのをみて、最初に生産したのはマース(MARS)である。米国では、ホワイトチョコレートとアーモンドの粒を含むネスレのアルペンホワイトチョコレートの販売で一般的となった。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:24 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE