ホビット_(映画)
[Wikipedia|▼Menu]

ホビット
The Hobbit
監督
ピーター・ジャクソン
脚本フラン・ウォルシュ
フィリッパ・ボウエン
ギレルモ・デル・トロ
ピーター・ジャクソン
原作『ホビットの冒険
J・R・R・トールキン
製作ピーター・ジャクソン
フラン・ウォルシュ
キャロリン・カニンガム
製作総指揮ゼイン・ワイナー
カラム・グリーン
ケン・カミンズ
出演者マーティン・フリーマン
リチャード・アーミティッジ
イアン・マッケラン
ベネディクト・カンバーバッチ
オーランド・ブルーム
アンディ・サーキス
ケイト・ブランシェット
イライジャ・ウッド
クリストファー・リー
音楽ハワード・ショア
撮影アンドリュー・レスニー
製作会社ニュー・ライン・シネマ
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
ウィングナット・フィルムズ
配給ワーナー・ブラザース
製作国 ニュージーランド
アメリカ合衆国
言語英語
興行収入三作合計:$2,935,490,211
テンプレートを表示

『ホビット』(The Hobbit)は、2012年から2014年にかけて公開されたニュージーランドファンタジー映画J・R・R・トールキンによる児童小説『ホビットの冒険』を原作とし、

第1部 『ホビット 思いがけない冒険』(ホビット おもいがけないぼうけん、The Hobbit: An Unexpected Journey)

第2部 『ホビット 竜に奪われた王国』(ホビット りゅうにうばわれたおうこく、The Hobbit: The Desolation of Smaug)

第3部 『ホビット 決戦のゆくえ』(ホビット けっせんのゆくえ、The Hobbit: The Battle of the Five Armies)

の3部作として公開された。監督はピーター・ジャクソン、主演はマーティン・フリーマン


目次

1 概要

2 あらすじ

2.1 第1部 思いがけない冒険

2.2 第2部 竜に奪われた王国

2.3 第3部 決戦のゆくえ


3 登場人物

3.1 主要な登場人物(冒険の仲間)

3.2 ホビット

3.3 ドワーフ

3.4 エルフ

3.5 人間

3.6 魔法使い(イスタリ)

3.7 オーク

3.8 闇の勢力

3.9 その他の登場人物


4 キャスト

5 製作

5.1 背景

5.2 撮影


6 脚注

7 参考文献

8 外部リンク


概要

原作の小説『ホビットの冒険』は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』の前日譚にあたり、映画『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』3部作を監督したピーター・ジャクソンが、本作でも引き続き監督を務めた。ホビット族の青年ビルボ・バギンズの冒険が、「一つの指輪」の発見や闇の勢力の伸展といった『ロード・オブ・ザ・リング』に連なる要素を絡めながら描かれた。3D映画として製作され、ワーナー・ブラザースの配給により、第1部『思いがけない冒険』は2012年12月14日(日本:同日)、第2部『竜に奪われた王国』は2013年12月13日(日本:2014年2月28日)に公開、第3部『決戦のゆくえ』は2014年12月17日(日本:2014年12月13日)に公開された。

主人公のビルボ・バギンズ役を、イギリス人俳優のマーティン・フリーマンが、ドワーフの王トーリン・オーケンシールド役を、同リチャード・アーミティッジが務めた。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズからも、ガンダルフ役のイアン・マッケランゴラム役のアンディ・サーキスフロド役のイライジャ・ウッドをはじめ、多数のキャストが参加した。

ピーター・ジャクソンによる映画化の具体的な企画は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ成功後の早い段階で上がっており、待望されていたが、シリーズの利益を巡るジャクソンと製作会社ニュー・ライン・シネマ間の訴訟問題や、『ホビットの冒険』の配給権を握っていたメトロ・ゴールドウィン・メイヤーの度重なる財政危機問題、ニュージーランド映画産業全体を巻き込んだ俳優組合によるストライキ運動など複数の事情が重なり、遅々として進展しなかった。その後、これらの問題の解決を経て、遂に2011年3月より撮影が開始されるに至った。この間、一時期ギレルモ・デル・トロが監督として決定し、製作プロセスにおいて大きな貢献を果たしてきたが、スケジュールの遅延により調整が付かず辞退となった。

当初は前後編の2部作として製作が進められたが、本撮影終了後の2012年7月に全3部作となることが発表された。児童向けで分量も比較的少ない原作を壮大な3部作に仕上げるにあたっては、原作の冒険の背景や同時期に起こっていた出来事についての記述がある『指輪物語』の「追補編」からも素材が引かれている。
あらすじ「ホビットの冒険#あらすじ」も参照
第1部 思いがけない冒険「ホビット 思いがけない冒険#あらすじ」も参照

平穏を愛するホビット族の青年ビルボ・バギンズは、魔法使いガンダルフの推挙により、ドワーフ王トーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフ族と共に、邪竜スマウグに奪われた彼らの祖国エレボールと財宝を奪還するため、「忍びの者」としてはなれ山への冒険に出発する。一行は、道中トロルとの遭遇やオークの襲撃を受けながらも、ビルボ自身の機転や魔法使いラダガストの助けにより難を逃れ、エルフエルロンドが治める裂け谷に辿り着く。裂け谷でガンダルフは、エルフの奥方ガラドリエルや魔法使いの長サルマンに対し、ラダガストよりもたらされた闇の勢力の復活の予兆を具申する。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:105 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE