ベンジャミン・ディズレーリ
[Wikipedia|▼Menu]

「ディズレーリ」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「ディズレーリ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

イギリス政治家初代ビーコンズフィールド伯爵
ベンジャミン・ディズレーリBenjamin Disraeli
1st Earl of Beaconsfield
ディズレーリ(1878年)
生年月日1804年12月21日
出生地 イギリスロンドン
没年月日 (1881-04-19) 1881年4月19日(76歳没)
死没地 イギリス、ロンドン
前職小説家
所属政党保守党
称号初代ビーコンズフィールド伯爵ガーター勲章勲爵士(KG)、枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)
配偶者メアリー・アンナ(英語版)
親族カニングスビー(英語版)(甥)
サイン
首相
在任期間1868年2月27日 - 1868年12月3日[1]
1874年2月20日 - 1880年4月18日[1]
女王ヴィクトリア
大蔵大臣
内閣第一次ダービー伯爵内閣
第二次ダービー伯爵内閣
第三次ダービー伯爵内閣
在任期間1852年2月27日 - 1852年12月17日
1858年2月25日 - 1859年6月[2]
1866年7月6日 - 1868年2月27日[2]
貴族院議員
在任期間1876年 - 1881年[3]
庶民院議員
選挙区メイドストン選挙区(英語版)[3]
シュルーズベリー選挙区(英語版)[3]
バッキンガムシャー選挙区(英語版)[3]
在任期間1837年7月24日 - 1841年6月29日[3]
1841年6月29日 - 1847年7月29日[3]
1847年7月29日 - 1876年8月21日[3]
テンプレートを表示

初代ビーコンズフィールド伯爵ベンジャミン・ディズレーリ(Benjamin Disraeli, 1st Earl of Beaconsfield, KG, PC, FRS1804年12月21日 - 1881年4月19日)は、イギリス政治家小説家貴族

ユダヤ人でありながら保守党内で上り詰めることに成功し、ダービー伯爵退任後に代わって保守党首となり、2期にわたって首相(在任:1868年1874年 - 1880年)を務めた。庶民院の過半数を得られていなかった第一次内閣は短命の選挙管理内閣に終わったが、庶民院の過半数を制していた第二次内閣は「トーリー・デモクラシー(Tory democracy)」と呼ばれる一連の社会政策の内政と帝国主義の外交を行って活躍した。自由党ウィリアム・グラッドストンと並んでヴィクトリア朝政党政治を代表する人物である。また、小説家としても活躍した。野党期の1881年に死去し、以降ソールズベリー侯爵が代わって保守党を指導していく。
目次

1 概要

2 生涯

2.1 出生と出自

2.2 少年期

2.2.1 ユダヤ教徒としての少年期

2.2.2 イングランド国教会信徒に

2.2.3 キリスト教徒としての少年期


2.3 青年期

2.3.1 弁護士事務所で勤務

2.3.2 鉱山投機に失敗

2.3.3 新聞発刊事業の挫折

2.3.4 処女作『ヴィヴィアン・グレイ』

2.3.5 神経衰弱

2.3.6 南欧・近東旅行


2.4 4回の選挙落選


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:755 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE