ヘリコバクター・ピロリ
[Wikipedia|▼Menu]

「ピロリ」はこの項目へ転送されています。爆風スランプアルバムについては「ピロリ (アルバム)」をご覧ください。

ヘリコバクター・ピロリ
ピロリ菌の電子顕微鏡写真
分類

ドメ
イン
:真正細菌 Bacteria
:プロテオバクテリア門
Proteobacteria
:イプシロンプロテオバクテリア綱
Epsilonproteobacteria
:カンピロバクター目
Campylobacterales
:ヘリコバクター科
Helicobacteraceae
:ヘリコバクター属
Helicobacter
:ヘリコバクター・ピロリ
Helicobacter pylori

学名
Helicobacter pylori (Marshall et al. 1985) Goodwin et al. 1989

ヘリコバクター・ピロリ (Helicobacter pylori[1]) とは、ヒトなどのに生息するらせん型のグラム陰性微好気性細菌である。単にピロリ菌(ピロリきん)と呼ばれることもある[2]。ヘリコバクテル・ピロリ[3]と表記されることもある。1983年オーストラリアロビン・ウォレンバリー・マーシャルにより発見された[4]

胃の内部は胃液に含まれる塩酸によって強酸性であるため、従来は細菌が生息できない環境だと考えられていた。しかし、ヘリコバクター・ピロリはウレアーゼと呼ばれる酵素を産生しており、この酵素で胃粘液中の尿素アンモニア二酸化炭素に分解し、生じたアンモニアで、局所的に胃酸を中和することによって胃へ定着(感染)している。この菌の発見により動物の胃に適応して生息する細菌が存在することが明らかにされた。

ヘリコバクター・ピロリの感染は、慢性胃炎胃潰瘍十二指腸潰瘍のみならず、胃癌MALTリンパ腫びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫などの発生に繋がることが報告されているほか、特発性血小板減少性紫斑病[5]、小児の鉄欠乏性貧血慢性蕁麻疹などの胃外性疾患の原因となることが明らかとなっている[6][7][8][9]。細菌の中でヒト悪性腫瘍の原因となり得ることが明らかになっている病原体のひとつである[10]。ピロリ菌検査で陰性でも胃炎など胃疾患が続く場合は、ヘリコバクター・ハイルマニイの感染が疑われることがある[11][12]


目次

1 歴史

1.1 略年表

1.2 「胃の中の細菌」を巡る論争

1.3 ヘリコバクター・ピロリの発見

1.4 病原性の証明

1.5 その後の展開


2 細菌学的特徴

2.1 形態・培養

2.2 胃内への定着


3 疫学

3.1 感染率

3.2 感染経路


4 病原因子

4.1 ウレアーゼ

4.2 CagA


5 病原性

5.1 胃、十二指腸

5.2 食道


6 検査

6.1 一般検査

6.2 内視鏡生検検査

6.3 リスク診断


7 治療

7.1 除菌療法の変遷

7.2 日本における除菌療法の実態

7.2.1 除菌療法の禁忌と副作用

7.2.2 参考画像



8 研究事例

8.1 N-アセチルL-システイン

8.2 食品による菌の抑制


9 人類学への応用

10 出典

11 参考文献

12 関連項目

13 外部リンク


歴史
略年表

1874年 - ドイツのG. BottcherとM. Letulleがヒトの胃内らせん菌を発見。

1892年 - イタリアトリノ大学のジュリオ・ビツォツェロが、イヌの胃内にらせん菌を発見。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:126 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE