プーチン・フイロ!
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]
ルハーンシクにある「プーチン・フイロ!」の落書きウラジミール・プーチン

プーチン・フイロ!(ウクライナ語: Пу?т?н - хуйло?; IPA: [?put?in x?j?l?], ロシア語: Пу?тин - хуйло?; IPA: [?put??n x?j?lo])はロシアの大統領ウラジミール・プーチンをばかにするウクライナ語ロシア語のスローガン。このスローガンは2014年にウクライナで生まれ、2014年3月にFCメタリスト・ハルキウウルトラスによって最初に行われたチャントで広まった。この2014年3月はロシアのクリミア併合ウクライナへの軍事介入が起きた時であった。このフレーズはウクライナ中で、ウクライナ政府の支持者やより一般的にはウクライナのロシア語圏とウクライナ語圏の両方の地域でロシアもしくはプーチンを好きではない人たちに広まった。


目次

1 言語と意味

2 歴史

3 メインストリームのロックで

4 著名なウクライナの政治家による引用

4.1 Oleh Lyashko

4.2 Andrii Deshchytsya

4.3 Arsen Avakov


5 国際的な反応

6 ギャラリー

7 脚注

8 参考文献

9 外部リンク


言語と意味ロシアの商品は買うな!」というステッカーで作られた"ПТН X?ЛО" (PTN KHLO)

下品な言葉ロシア語ではmatという)である хуйло? (хуйло?) は、ラテン文字で huilo, huylo, khuilo, khuylo, xujlo など様々に翻字されている。語幹である хуйхуй (khuy)は文字通りにとるとロシア語・ウクライナ語でdick(男根) を意味する。"-lo"を付けることで"dickwad"や"dickhead"、"prick"と訳される。この単語はロシア語ウクライナ語ベラルーシ語で同じである。西スラブ語にはこの言葉は存在しないが、ポーランド語とスロバキア語にchujという単語があり、ポーランド語ではхуйлоはchuj?oと翻字されている。

Urban Dictionaryでフイロがウラジミール・プーチンと同義語として加えられていると、2014年5月に報道された[1][2][3][4][5]

この表現は検閲を回避する理由から"птн x?ло" (ptn kh?lo)と略されることがある(x?という文字は「新しいロシアの文字」に関する有名なジョークである、キリル文字х, у, йを重ねたものである[6][信頼性要検証])。似た暗示の意味を含む略語としては、"ПТН ПНХ" (PTN PNKh)があり、"Путин, пошёпBна хуй"を意味する。(Putin, poshol na khuy, which is similar to Putin, go fuck yourself, which could be rendered in English as PTN GFY).[7]
歴史

このスローガンの起源は、ウクライナのプロサッカークラブであるFCメタリスト・ハルキウをめぐって2人の有力者 Oleksandr Yaroslavsky(当時メタリスト会長) と Hryhoriy Surkis(当時ウクライナサッカー連盟会長。FCディナモ・キエフに歴史的にも家系的にも強いつながりをもつ)の間の確執が最も強かった2010年のある時に、メタリストのウルトラスによってはじめられたチャント「スルキス・フイロ!」にある[8]。自らのクラブの会長の側に立つハルキウのファンは、「スルキス・フイロ!」と叫ぶことで、連盟会長への嫌悪感を下品で卑俗な形で表現した。

公で行われ最初の記録された「プーチン・フイロ!」とそこから派生した歌は、ハルキアで地元のファンがストリート・マーチの間にこれを歌った2014年3月に起こった。この記録はすぐにYouTubeに投稿され、すぐに広まった[9]FCセヴァストポリを除く全ての主要なウクライナのクラブのウルトラスのグループは、歴史的に時に国家主義的ともいえるウクライナびいきの強い政見を持っており、ロシアが起こしたウクライナの東、南における反ウクライナの暴力やロシアのクリミア合併ウクライナへの軍事介入が起き、ハルキウが混乱にある中で、サッカーファンは即座にそして明確にロシアとの紛争においてウクライナの側に立った[10][11]。すぐにプーチンを下品にあざけるこの歌は知名度を急速に上げ、シャフタール・ドネツクドネツィク)やディナモ・キエフキエフ)のファンなど、以前は仲が悪かったファンも歌を一緒に歌うようになった[12][10]ロシアが介入しウクライナを部分的に占領していた間[nb 1]、ウクライナのクラブのウルトラスは対抗心を捨て、ともにストリートマーチでこの歌を唱えた[8]。この歌は人気が上がり続け、ガーディアンによると「全国的な文化的ミーム」となった[16]。 Alexander J. Motylは「簡潔な言い回しでより控えめな歌詞のものは著名な講話にも入っている。もしプーチン大統領への意見を表明したいのであれば『ラ・ラ・ラ・ラ・ラ・ラ』というだけで良く、全ては明確である」と報告している[17]

Artemy Troitskyはチャントのメロディーの元が、アメリカの歌手パット・ブーンの1962年のヒット曲 Speedy Gonzalesであると特定した[18]

2015年6月、ロシアの連邦保安庁はソーシャルネットワークのVK上で歌を使用したとして、活動家Daria Poludovaの刑事訴追と調査を開始した[19]
メインストリームのロックで

ウクライナのいくつかの主要なロックバンドは自分たちの音楽にこの歌を加えたり改作したりした。AstrogentAにより2014年4月21日にリリースされたメタルリミックスは、楽器による演奏を足し、3月30日の抗議運動を撮影したビデオを再編集し、ウクライナのサッカークラブ全体への広がりを描いた[20]。ウクライナのバンドTeleriは2014年5月6日に「プーチン・ハロー!」という曲とミュージック・ビデオリリース後に国際的な注目を集めた。この歌は不快な言葉「フイロ」を英語の「ハロー」に置き換えることでダブル・ミーニングの効果を出している。「プーチン・フイロ!」の歌に言及すると、ミュージック・ビデオではバンドのメンバーがウクライナのサッカークラブの色を着用し、マーチングするウルトラスの姿勢をとり、「プーチン・ハロー!」とリフレインする。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:42 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE