プロイセン王国
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年3月)
プロイセン王国
Konigreich Preusen


1701年 - 1918年




(国旗)(国章)
国歌: プロイセンの国歌
プロイセンの歌(ドイツ語 : Preusenlied)
皇帝陛下万歳ドイツ語 : Heil dir im Siegerkranz)
(共に非公式)
ドイツ帝国時代のプロイセン王国領(赤)

公用語ドイツ語
首都ベルリン
国王
1701年1月18日 - 1713年2月25日フリードリヒ1世(初代)
1888年6月15日 - 1918年11月9日ヴィルヘルム2世(最後)

首相1
1848年3月19日 - 1848年3月29日アドルフ・ハインリヒ・フォン・アルニム=ボイツェンブルク(初代)
1918年10月3日 - 1918年11月9日マクシミリアン・フォン・バーデン(最後)

面積
1910年[1]348,779.87km2

人口
1816年[2]10,349,031人
1871年[2]24,689,000人
1910年[3]34,472,509人

変遷
成立1701年1月18日
フランスによる占領1806年10月14日
国土回復1815年6月9日
立憲君主制導入1848年12月5日
ドイツ帝国成立1871年1月18日

通貨ライヒスターラー(1750年以前)
プロイセン・ターラー(1750年-1857年)
フェアアインスターラー(1857年-1871年)
ゴルトマルク(1871年-1914年)
パピエルマルク(1914年)
現在 ベルギー
 チェコ
 デンマーク
ドイツ
 リトアニア
ポーランド
ロシア
1北ドイツ連邦ドイツ帝国(1867年-1918年)の時代は、プロイセン宰相はドイツ宰相を兼職


ブランデンブルクとプロイセンの歴史
ノルトマルク
先史 - 12世紀プルーセン
先史 - 13世紀
ブランデンブルク辺境伯領
1157 - 1618 (1806)ドイツ騎士団国
1224 - 1525
プロシア公領プロイセン公国
1525 - 1618 (1525 - 1701)ポーランド王領プロシア
1466 - 1772
ブランデンブルク=プロイセン
1618 - 1701
プロイセン王国
1701 - 1772
プロイセン王国
1772 - 1918
プロイセン州
1918 - 1947
ブランデンブルク州
1947 - 1952 / 1990 - 現在ヴァルミア県、マズールィ県
1945 - 1999
ヴァルミア=マズールィ県
1999 -カリーニングラード州
1946 -

プロイセン王国(プロイセンおうこく、: Konigreich Preusen)は、ホーエンツォレルン家の君主が統治したヨーロッパ王国。現在のドイツ北部からポーランド西部にかけてを領土とし、首都はベルリンにあった。

プロイセンの語源となったプルーセンドイツ騎士団に征服され、1224年にドイツ騎士団国が作られた。ドイツ騎士団国は1525年にプロシア公領ないしプロイセン公国となる。1618年、公国はブランデンブルク選帝侯領とともに、同君連合であるブランデンブルク=プロイセンを構成した。君主フリードリヒ・ヴィルヘルムは、オランダ総督との姻戚関係によって威勢を増した。1701年にプロイセン王国となった。王国は北ドイツ連邦の盟主となるまで軍事国家として成長し続け、普仏戦争に勝利した。そのときプロイセンを盟主とするドイツ帝国ができた。1918年からドイツ革命によりヴァイマル共和政プロイセン州となった。(#歴史


目次

1 概要

2 国名

3 住民

4 歴史

4.1 王国の誕生

4.2 軍国プロイセンの発展

4.3 危機と改革の時代

4.4 復古と反動の時代

4.5 ドイツ帝国の盟主

4.6 解消


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:94 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE