ブリュッセル
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、ブリュッセル首都圏地域について説明しています。ブリュッセル首都圏地域内の基礎自治体については「ブリュッセル市」をご覧ください。

ブリュッセル首都圏地域
: Region de Bruxelles-Capitale
: Brussels Hoofdstedelijk Gewest


地域地域

愛称 : 欧州の首都
位置

ブリュッセルの位置
座標 : 北緯50度50分37秒 東経4度21分27秒 / 北緯50.84361度 東経4.35750度 / 50.84361; 4.35750
歴史
定住580年
創設979年
地域成立1989年6月18日
行政
 ベルギー
 地域ブリュッセル首都圏地域
首相ルディ・ヴェルヴォールト
社会党
地理
面積 
  地域域161.38 km2
標高13 m
人口
人口2014年1月1日現在)
  地域域1,163,486[1]
    人口密度  7,209.60人/km2
その他
等時帯中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
ISO 3166-2BE-BRU
公式ウェブサイト : ⇒be.brussels
ブリュッセル市庁舎

ブリュッセル(フランス語: Bruxelles [b?ys?l] ( 音声ファイル)、オランダ語: Brussel [?br?s??] ( 音声ファイル)、ドイツ語: Brussel [?b??sl]、英語: Brussels [?b??s(?)??z])は、ベルギー首都。名称は「湿地(bruoc、bruc、broek)」、「(sella、zele)」という単語から来ている。ブリュッセル単独で、ベルギーの連邦構成主体である3つの地域のうちの一つ、ブリュッセル首都圏地域(: Region de Bruxelles-Capitale、: Brussels Hoofdstedelijk Gewest)を構成している。

人口116万人(2014年[1]。他の2つの地域と比べて面積は161km2と相対的に狭いが、約30km2の森林地域を除いて、その領域のほとんどが市街化されている。ユーロクリア国際銀行間通信協会に加え、ロスチャイルドグループ・ブリュッセル・ランバート本部とソフィナ(英語版、フランス語版)[2]本部まで抱える、欧州有数の世界都市である[3]2013年に行われたアメリカのダウ・ジョーンズらによる調査は、ブリュッセルを世界24位の金融センターと評価している[4]

16世紀より欧州郵便網(帝国郵便)の起点であった歴史を持つ。1893年、フレンチ・コロニアル・ユニオンのジョゼフ・シェレが国際植民地学院[5]の設立を提唱し、翌年に議会の承認を得た。学院は、植民地の行政・法制を比較研究する目的でブリュッセルにおかれた。[6]戦後にブリュッセルはNATO の原点となり、現在では欧州連合の主要機関とアメリカ合衆国通商代表部の事務所が置かれている[7]
目次

1 概要

2 歴史

3 気候

4 行政

5 基礎自治体

6 EUの首都

7 食文化

8 見所

9 交通

10 スポーツ

11 ブリュッセル出身の人物

12 姉妹都市

13 脚注

14 関連項目

15 外部リンク

概要[ソースを編集]

ベルギーの連邦構成主体の一つであるブリュッセルは19の基礎自治体から構成され、その一つが憲法上の首都であるブリュッセル市: Ville de Bruxelles、: Stad Brussel)である。北緯50度50分37秒、東経4度21分27秒。フランスパリの20の行政区と比較されることもあるが、パリとは違い全体を統括する「市長」がいないのが特徴である。

市街は美しく世界遺産にも登録され、「小パリ」とも呼ばれている。2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材文化政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第11位の都市と評価されており、特に政治的評価が高かった[8]

ブリュッセルはフランス語オランダ語の公式な2言語地域であり、市民は多数のフランス語話者(85%から90%を占める)と少数のフラマン語話者(10%から15%を占める)に分かれるため、街中にある看板、標識、駅名などは、フランス語、オランダ語の二ヶ国語表示が義務付けられている。市民は話す言語によって通う学校などが異なり、フランス語、オランダ語話者に対する文教、言語政策についてはそれぞれフランス語共同体政府とフランデレン政府が担当する。ブリュッセルはベルギーを南北に分割する言語境界線の北側にあり[9]フランデレン地域の首都でもあり、フランデレン地域の政府と議会が置かれている。

フラマン系とワロン系の2大民族のほかにも、欧州委員会など多くの国際機関があるため、欧州連合加盟国出身者が多く住んでいる。近年は旧ベルギー植民地(コンゴ民主共和国ルワンダブルンジ)だけでなくマグリブ(特にモロッコ)、トルコイランパキスタン南アメリカなどからの労働者が増えており、国際色豊かで多民族的な地域となっている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:98 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE