ブラックマトリクス
ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

ブラックマトリクス(BLACK/MATRIX)は、フライト・プランが制作し、NECインターチャネルが販売を行うシミュレーションRPGのシリーズ、またはその1作目である。同社開発のサモンナイトシリーズに類似したゲーム性やシステムを持つが(発売はこちらが先)、同シリーズと比較した特徴として、登場人物の多くが背中に羽を持つことと、徹底してダークな世界観が挙げられる。

シリーズではあるものの、各作品の世界観は独立しており毎回設定が異なる。しかし、上記の特徴はシリーズを通して共通である。


目次

1 BLACK/MATRIX

1.1 概要

1.2 システム

1.2.1 第一章

1.2.2 戦闘

1.2.3 儀式

1.2.4 自由行動

1.2.5 鎧


1.3 キャラクター

1.3.1 ご主人様

1.3.2 大邪神の鎧を纏う大罪人

1.3.3 アンゲルス教団

1.3.4 その他



2 BLACK/MATRIX 2

2.1 世界観

2.2 システム

2.2.1 戦闘

2.2.2 スキル


2.3 キャラクター

2.3.1 悪魔

2.3.2 人間

2.3.3 天使

2.3.4 その他



3 BLACK/MATRIX ZERO

4 BLACK/MATRIX OO

4.1 キャラクター

4.2 世界観

4.3 戦闘

4.3.1 ペインリング

4.3.2 ラーニング



5 関連商品

6 脚注


BLACK/MATRIX

BLACK/MATRIX(ブラックマトリクス)は1998年8月27日セガサターン用ソフトとして発売された。キャラクターイラストはつちやきょうこが担当している。シナリオはビトウゴウ

完全予約限定生産だったため基本的に一般に流通せず、知らずに予約しなかったために発売以降入手できない人が続出する事態となった。さらに独特なゲームシステム、シナリオなどがプレイヤーの心をつかみ、手放すプレイヤーが極端に少なかったため中古価格が当時としては異常なほど高騰する事態となった[要出典]。

完全予約限定生産だったにも関わらず、しばらくたってから内容は同じだがジャケット(説明書)のイラストを変えたバージョンが再発売された。これによりシリーズ化される事となった。

1999年9月30日にはドリームキャスト版BLACK/MATRIX AD(ブラックマトリクス アドヴァンスド)が、2000年2月14日にはPlayStation版BLACK/MATRIX+(ブラックマトリクス クロス)がそれぞれリメイクされた。それぞれ価格が2900円に引き下げられた廉価版も存在する。またPS版(クロス)はゲームアーカイブスでも配信されていたが、2010年12月24日をもって配信終了となった。既に購入済みのユーザーによる再ダウンロードはその後も可能。
概要

白き羽を持つ人々が黒き羽を持つ人々に支配され、「愛」や「自由」といった現実の世界では美徳とされていることが悪徳とされている、独特の世界観が特徴。白き羽を持つ主人公は、奴隷である自分を「愛」すると公言した(※七つの大罪を犯した)がために大罪人として連れ去られた「ご主人様(=ヒロイン)」を取り戻すために戦うことになる。初代(SS版)以外は選ばなかったご主人様候補はストーリー中に登場し、仲間になったり場合によっては敵対したりする。

ゲーム開始時にご主人様として選べるのは様々なタイプの美少女5名のうちのいずれかであるが、裏技を使うことで伊藤健太郎演じるニヒルな美少年のご主人様が登場。主人公との同性愛関係に対してやおいを愛する女性ゲーマーからの注目を集めることになり、広く普及したPS版(クロス)は女性に高く支持された[要出典]。

DC版はキャラクターデザインがそえたかずひろのものに変更されている。基本的に絵柄だけが変わっているが、サブキャラクターの中には容姿が完全に変化しており、ユニットと立ち絵、顔グラフィックが似ても似つかなくなっているキャラが存在する。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:47 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE