フリッツ・ハーバー
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

フリッツ・ハーバー
Fritz Haber
『Les Prix Nobel』(1919年公刊)より。
生誕1868年12月9日
プロイセン王国・ブレスラウ
(現: ポーランドヴロツワフ
死没1934年1月29日(1934-01-29)(65歳)
スイスバーゼル
国籍 ドイツ
研究分野物理化学
研究機関スイス連邦工科大学チューリッヒ校
カールスルーエ大学
出身校ハイデルベルク大学ベルリン大学
シャルロッテンブルク工科大学
主な業績肥料爆発物ハーバー・ボッシュ法ハーバー・ワイス反応化学兵器
主な受賞歴ノーベル化学賞 (1918年)
プロジェクト:人物伝

ノーベル賞受賞者
受賞年:1918年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:アンモニア合成法の開発

フリッツ・ハーバー(Fritz Haber, 1868年12月9日 - 1934年1月29日)は、ドイツ出身の物理化学者、電気化学者。空気中の窒素からアンモニアを合成するハーバー・ボッシュ法で知られる。第一次世界大戦時に塩素を始めとする各種毒ガス使用の指導的立場にあったことから「化学兵器の父」と呼ばれることもある。ユダヤ人であるが、洗礼を受けユダヤ教から改宗したプロテスタントである。


目次

1 経歴

1.1 生い立ち

1.2 求職

1.3 カールスルーエ大学時代

1.4 第一次大戦

1.5 ノーベル賞受賞

1.6 資金の調達

1.7 晩年

1.8 死後


2 ハーバー・ボッシュ法

2.1 開発の経緯

2.2 影響


3 主な業績

4 人物

4.1 人物像

4.2 関連する人物


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


経歴
生い立ち

シレジアのブレスラウ(現ポーランド領ヴロツワフ)でユダヤ人の家系に生まれた[1]。父のジークフリートは染料を主に扱う商人であった。また、母のパウラはジークフリートの叔父の娘である[2]。パウラはフリッツを産んだ3週間後に産後不良で死去し、ジークフリートはその6年後に再婚した[3]


是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:112 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE