フランス第一共和政
[Wikipedia|▼Menu]

この記事には複数の問題があります。改善ノートページでの議論にご協力ください。

出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2016年3月)


脚注による出典や参考文献の参照が不十分です。脚注を追加してください。(2016年3月)


フランス共和国
Republique francaise

1792年 - 1804年


(1794年までの国旗)(1794年以降の国旗)
国の標語: 自由、平等、友愛国歌: ラ・マルセイエーズ
フランス共和国(1801年)

公用語フランス語
首都パリ
革命政府
1792年 - 1795年国民公会
1795年 - 1799年総裁政府
1799年 - 1804年統領政府

変遷
バスティーユ襲撃フランス革命1789年7月14日
ルイ16世の廃位1792年9月21日
公安委員会恐怖政治1793年9月5日 - 1794年7月28日
奴隷制の廃止1794年2月4日
テルミドールの反動1794年7月24日
ブリュメール18日1799年11月9日
ナポレオンの皇帝即位1804年5月18日

通貨リーブルフランアッシニア

フランスの歴史

この記事はシリーズの一部です。
先史時代(フランス語版)
古代

ガリア人 · ガロ・ローマ人 · フランク人

中世

フランク王国 
メロヴィング朝481–751
カロリング朝751–987
西フランク王国 
フランス王国 
カペー朝987–1328
ヴァロワ朝1328–1498

近世

ヴァロワ=オルレアン朝1498–1515
ヴァロワ=アングレーム朝1515–1589
ブルボン朝1589–1792

近代

フランス革命1789
立憲王政1791–1792
第一共和政1792–1804
 • 国民公会1792–1795
 • 総裁政府1795–1799
 • 統領政府1799–1804
第一帝政1804–1814
復古王政1814–1830
七月革命1830
七月王政1830–1848
二月革命1848
第二共和政1848–1852
第二帝政1852–1870
第三共和政1870–1940
パリ・コミューン1871

現代

フランス国 · 自由フランス1940–1944
共和国臨時政府1944–1946
第四共和政1946–1958
第五共和政1958–現在

テーマ別

旧州 · 植民史 · 文化史 · パリ史

年表
フランス ポータル
· 話 · 編

フランス第一共和政(フランスだいいちきょうわせい、: Premiere Republique francaise、: French First Republic)は、フランス史上初の共和政体である。8月10日事件によるブルボン王政打倒を経て国民公会によって王政廃止が宣言された1792年9月21日から、ナポレオン1世の下で帝政が宣言された1804年5月18日まで存続した[注釈 1]

第一共和政は、少なくとも3つの時期に分けられ、3つの政体があった。すなわち、1792年9月20日から1795年10月26日までの国民公会期、1795年11月2日から1799年11月9日までの総裁政府期、1799年12月24日から1804年5月17日までの統領政府期である。
目次

1 王政の終焉

2 国民公会

3 総裁政府

4 統領政府

5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

王政の終焉

1789年7月14日に勃発したフランス革命は、アンシャン・レジーム(旧体制)を揺るがしたのみならず、社会の歪みを暴き、根底からの刷新を要求する強い流れとなった。当初は貴族の改革運動、ブルジョワジーの権利主張であったものが、食糧難から市民の暴動となり、農民の反乱となり、封建的特権の廃止(フランス語版)から市民的自由の保障、さらには土地均等分配、平等主義の要求にまで至り、一方では教会改革への反発は反革命ヴァンデの反乱をも後に引き起こした。

急進化する革命のパリに恐れをなした国王ルイ16世は脱出を図ったが、ヴァレンヌ逃亡事件において逮捕されて連れ戻された。これによって国王の権威は失墜した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:70 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE