フランシス・アーノルド
[Wikipedia|▼Menu]

Frances H. Arnold
フランシス・アーノルド
フランシス・アーノルド(2012)
生誕Frances Hamilton Arnold
(1956-07-25) 1956年7月25日(62歳)
アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
国籍 アメリカ合衆国
研究分野化学工学
生化学
研究機関カリフォルニア工科大学
出身校プリンストン大学
カリフォルニア大学バークレー校
主な受賞歴チャールズ・スターク・ドレイパー賞(2011)
ノーベル化学賞(2018)
プロジェクト:人物伝

ノーベル賞受賞者
受賞年:2018年
受賞部門:ノーベル化学賞
受賞理由:酵素の指向性進化法の開発

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold, 1956年7月25日 - )はアメリカ合衆国化学工学者生化学者カリフォルニア工科大学教授。ペンシルベニア州ピッツバーグ出身。

プリンストン大学卒業後、1985年にカリフォルニア大学バークレー校から化学工学のPh.Dを取得。指向性進化法(英語版)により人工的に酵素を合成する手法を開発し、2018年にノーベル化学賞を受賞した。
受賞歴

2011年
チャールズ・スターク・ドレイパー賞

2013年 アメリカ国家技術賞

2016年 ミレニアム技術賞

2018年 ノーベル化学賞

参照

ウィキメディア・コモンズには、フランシス・アーノルドに関連するカテゴリがあります。


Chemical Eng, Caltech Faculty Page

Arnold Research Group

Video of Arnold talking about her work

この「フランシス・アーノルド」は、人物に関連したまだ閲覧者の調べものの参考としては役立たない書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めていますウィキプロジェクト 人物伝Portal:人物伝)。

この項目は、科学者に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:人物伝Portal:自然科学)。

この項目は、化学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:化学Portal:化学)。










ノーベル化学賞受賞者


ウィリアム・ノールズ / 野依良治 / バリー・シャープレス (2001)

ジョン・フェン / 田中耕一 / クルト・ヴュートリッヒ (2002)

ピーター・アグレ / ロデリック・マキノン (2003)

アーロン・チカノーバー / アブラム・ハーシュコ / アーウィン・ローズ (2004)

イヴ・ショーヴァン / ロバート・グラブス / リチャード・シュロック (2005)

ロジャー・コーンバーグ (2006)

ゲルハルト・エルトル (2007)

下村脩 / マーティン・チャルフィー / ロジャー・Y・チエン (2008)

ヴェンカトラマン・ラマクリシュナン / トマス・A・スタイツ / アダ・ヨナス (2009)

リチャード・ヘック / 根岸英一 / 鈴木章 (2010)

ダニエル・シェヒトマン (2011)

ロバート・レフコウィッツ / ブライアン・コビルカ (2012)

マーティン・カープラス / マイケル・レヴィット / アリー・ウォーシェル (2013)

エリック・ベツィグ / シュテファン・ヘル / ウィリアム・モーナー (2014)

トマス・リンダール / ポール・モドリッチ / アジズ・サンジャル (2015)

ジャン=ピエール・ソヴァージュ / フレイザー・ストッダート / ベルナルト・L・フェリンハ (2016)

ジャック・ドゥボシェ / ヨアヒム・フランク / リチャード・ヘンダーソン (2017)

フランシス・アーノルド / ジョージ・P・スミス / グレゴリー・ウィンター (2018)

1901年 - 1925年 | 1926年 - 1950年 | 1951年 - 1975年 | 1976年 - 2000年 | 2001年 - 2025年


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:15 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE