フェルディナン・ド・ソシュール
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2012年5月)

フェルディナン・ド・ソシュール
Ferdinand de Saussureフェルディナン・ド・ソシュール 1857?1913
生誕(1857-11-26) 1857年11月26日
スイスジュネーヴ
死没(1913-02-22) 1913年2月22日(55歳没)
スイスヴォー州
時代19世紀の哲学、20世紀の哲学
地域西洋哲学
学派構造主義記号学
研究分野言語哲学言語学記号学
主な概念シニフィアンとシニフィエラングパロール通時言語学と共時言語学、喉音理論
影響を受けた人物:

エミール・デュルケーム、アウグスト・レスキーン、ハインリヒ・ジマー、ヘルマン・オルデンベルクなど

影響を与えた人物:

ロラン・バルトクロード・レヴィ=ストロースジャック・ラカンルイ・アルチュセールミシェル・フーコージャック・デリダエルネスト・ラクラウレナード・ブルームフィールドアントワーヌ・メイエエミール・バンヴェニスト、ロイ・ハリス(言語学者)、ロマーン・ヤーコブソンモーリス・メルロー=ポンティルイス・イェルムスレウジョン・ルパート・ファースウィリアム・ラボフヤン・ムカジョフスキー、ウォーカー・パーシー、プラハ学派など

テンプレートを表示

フェルディナン・ド・ソシュール(Ferdinand de Saussure、1857年11月26日 - 1913年2月22日)は、スイス言語学者言語哲学者。「近代言語学の父」といわれている(ここでの「近代」とは、構造主義のこと、特に「ヨーロッパにおける構造主義言語学」を指している。それとは全く異なる「アメリカ構造主義言語学」(構造主義文法を参照)もあるので注意。また、現代の言語学の直接の起こりは第二次大戦後であり、この「近代言語学」との直接の連続性は低い)。


目次

1 人物

2 生涯

3 ソシュールの言語理論

3.1 通時言語学と共時言語学

3.2 ラングとパロール

3.3 シーニュ、シニフィアンとシニフィエ

3.4 二重分節

3.5 ランガージュ

3.6 いわゆる記号論について


4 講義ノートと原資料

5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク


人物


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE