フェルディナン・ド・ソシュール
[Wikipedia|▼Menu]

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2012年5月)

フェルディナン・ド・ソシュール
Ferdinand de Saussureフェルディナン・ド・ソシュール 1857?1913
生誕 (1857-11-26) 1857年11月26日
スイスジュネーヴ
死没 (1913-02-22) 1913年2月22日(55歳没)
スイスヴォー州
時代19世紀の哲学、20世紀の哲学
地域西洋哲学
学派構造主義記号学
研究分野言語哲学言語学記号学
主な概念シニフィアンとシニフィエラングパロール通時言語学と共時言語学、喉音理論
影響を受けた人物:

エミール・デュルケーム、アウグスト・レスキーン、ハインリヒ・ジマー、ヘルマン・オルデンベルクなど

影響を与えた人物:

ロラン・バルトクロード・レヴィ=ストロースジャック・ラカンルイ・アルチュセールミシェル・フーコージャック・デリダエルネスト・ラクラウレナード・ブルームフィールドアントワーヌ・メイエエミール・バンヴェニスト、ロイ・ハリス(言語学者)、ロマーン・ヤーコブソンモーリス・メルロー=ポンティルイス・イェルムスレウジョン・ルパート・ファースウィリアム・ラボフヤン・ムカジョフスキー、ウォーカー・パーシー、プラハ学派など

テンプレートを表示

フェルディナン・ド・ソシュール(Ferdinand de Saussure、1857年11月26日 - 1913年2月22日[1])は、スイス言語学者言語哲学者。「近代言語学の父」といわれている(ここでの「近代」とは、構造主義のこと、特に「ヨーロッパにおける構造主義言語学」を指している。それとは全く異なる「アメリカ構造主義言語学」もあるので注意。また、現代の言語学の直接の起こりは第二次大戦後であり、この「近代言語学」との直接の連続性は低い)。
目次

1 人物

2 生涯

3 ソシュールの言語理論

3.1 通時言語学と共時言語学

3.2 ラングとパロール

3.3 シーニュ、シニフィアンとシニフィエ

3.4 二重分節

3.5 ランガージュ

3.6 いわゆる記号論について


4 講義ノートと原資料

5 脚注

6 参考文献

7 関連項目

8 外部リンク

人物

記号論を基礎付け、後の構造主義思想[2]に影響を与えた。言語学者のルイス・イェルムスレウロマーン・ヤーコブソンのほか、クロード・レヴィ=ストロースモーリス・メルロー=ポンティロラン・バルトジャック・ラカンジャン・ボードリヤールジュリア・クリステヴァノーム・チョムスキーなど多くの思想家が、その影響を受けている。
生涯

1857年11月26日スイスジュネーヴに生まれる。ソシュール家は、16世紀フランスから移住してきた名家で、物理学生物学などの自然科学を中心に、多くの学者を輩出して来た一家であった。たとえば、自然科学者オラス=ベネディクト・ド・ソシュール曾祖父、有機化学者・植物生理学者ニコラス・テオドール・ド・ソシュール祖父には"アンティード"の筆名で活動したエスペランティストのルネ・ド・ソシュール(Rene de Saussure、1868年?1943年)がいる。

1870年からギリシャ語を学び、1873年ギムナジウムに入る。1876年にパリ言語学会(フランス語版)に入会し、10代にして数々の発表を行って名声を高める。この頃、ライプツィヒ留学する。当時のライプツィヒを中心に活動し、従来からの印欧語族の比較言語学に批判的な青年文法学派の新しい言語学に触れその知識を得る[3]

1878年暮れ、論文『Memoire sur le systeme primitif des voyelles dans les langues indo-europeenes[4]』(印欧語族における母音の原始的体系に関する覚え書き)を発表する。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:36 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE