フェルディナント・ラッサール
[Wikipedia|▼Menu]

フェルディナント・ラッサール
Ferdinand Lassalle
1860年のラッサール
人物情報
生誕1825年4月11日
プロイセン王国
シュレージエン県(ドイツ語版)
ブレスラウ
死没 (1864-08-31) 1864年8月31日(39歳没)
スイス ジュネーブ州
カルージュ
出身校ブレスラウ大学ベルリン大学
学問
時代19世紀中頃
学派国家社会主義
研究分野ヘーゲル哲学・社会主義・プロイセン労働運動
特筆すべき概念夜警国家普通選挙、生産組合、事実的権力関係[1]
主要な作品『ヘラクレイトスの哲学』
『既得権の体系』
『労働者綱領』
『公開回答書(ドイツ語版)』
『間接税と労働者階級』
影響を
受けた人物ヘラクレイトス[2]フィヒテ[3]ヘーゲル[4][3]ハイネ[5][6][3]ベルネ[5][3]サン=シモン[7]フーリエ[7]ルイ・ブラン[7]ワーグナー[8]ローレンツ・フォン・シュタイン[3]マルクス[9]エンゲルス[9][10]
影響を
与えた人物ビスマルク幸徳秋水[11]片山潜[11]ゲオルグ・イェリネック[12]ルドルフ・シュタムラー[13]
テンプレートを表示

フェルディナント・ヨハン・ゴットリープ・ラッサール(Ferdinand Johann Gottlieb Lassalle, [la?sal]、1825年4月11日 - 1864年8月31日)は、プロイセン政治学者、哲学者、法学者、社会主義者、労働運動指導者。

ドイツ社会民主党(SPD)の母体となる全ドイツ労働者同盟の創設者である。社会主義共和政の統一ドイツを目指しつつも、ヘーゲル哲学の国家観に強い影響を受けていたため、過渡的に既存のプロイセン王政(特に宰相オットー・フォン・ビスマルク)に社会政策やドイツ統一政策を取らせることも目指した。その部分を強調して国家社会主義者に分類されることもある。
目次

1 概要

2 生涯

2.1 生い立ち

2.2 大学時代

2.3 ハッツフェルト伯爵夫人の離婚訴訟

2.4 1848年革命をめぐって

2.5 離婚訴訟勝訴と『ヘラクレイトスの哲学』で成功

2.6 マルクスとの亀裂

2.7 『既得権の体系』

2.8 マルクスの帰国騒動

2.9 政治運動への本格的参入

2.10 ロンドン訪問とマルクスとの交友断絶

2.11 ビスマルクの登場と憲法闘争の勃発

2.12 進歩党との決別と全ドイツ労働者同盟結成


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:318 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE