フィンセント・ファン・ゴッホ
[Wikipedia|▼Menu]

「ゴッホ」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「ファン・ゴッホ」をご覧ください。

フィンセント・ファン・ゴッホ
Vincent van Gogh
自画像』(1887年
シカゴ美術館
生誕1853年3月30日
オランダ 北ブラバント州フロート・ズンデルト
死没 (1890-07-29) 1890年7月29日(37歳没)
フランス共和国 ヴァル=ドワーズ県オーヴェル=シュル=オワーズ
墓地 フランス ヴァル=ドワーズ県オーヴェル=シュル=オワーズ共同墓地[1]
北緯49度4分30.8秒 東経2度10分43.8秒 / 北緯49.075222度 東経2.178833度 / 49.075222; 2.178833
国籍 オランダ
教育ブリュッセル王立美術アカデミー(1880年末一時在籍)
アントウェルペン王立芸術学院(1886年初頭一時在籍)
フェルナン・コルモン画塾(1886年)
著名な実績絵画
代表作『ジャガイモを食べる人々』、『ひまわり』、『糸杉と星の見える道』、『星月夜』、『カラスのいる麦畑』など
運動・動向ポスト印象派(後期印象派)

後援者テオドルス(弟)
この人に影響を
与えた芸術家アントン・モーヴドラクロワモンティセリミレー印象派ジャポネズリー浮世絵
この人に影響を
受けた芸術家ポスト印象派世紀末芸術フォーヴィスムドイツ表現主義

フィンセント・ヴィレム・ファン・ゴッホ[注釈 1](Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日 - 1890年7月29日)は、オランダポスト印象派画家

主要作品の多くは1886年以降のフランス居住時代、特にアルル時代(1888年 - 1889年5月)とサン=レミでの療養時代(1889年5月 - 1890年5月)に制作された。感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表する画家である。フォーヴィスムドイツ表現主義など、20世紀の美術にも大きな影響を及ぼした。

なお、オランダ人名のvanはミドルネームではなく姓の一部であるために省略しない。日本を含め多くの国では、これを省略してゴッホという呼び方が定着しているが、本項では正式にファン・ゴッホと呼ぶ。
目次

1 概要

2 生涯

2.1 出生、少年時代(1853年-1869年)

2.2 グーピル商会(1869年-1876年)

2.2.1 ハーグ支店

2.2.2 ロンドン支店

2.2.3 パリ本店、解雇


2.3 聖職者への志望(1876年-1880年)

2.3.1 イギリスの寄宿学校

2.3.2 ドルトレヒトの書店

2.3.3 アムステルダムでの受験勉強

2.3.4 ラーケンの伝道師養成学校

2.3.5 ボリナージュ

2.3.6 ブリュッセル


2.4 オランダ時代

2.4.1 エッテン(1881年)

2.4.2 ハーグ(1882年-1883年)

2.4.3 ニューネン(1883年末-1885年)


2.5 アントウェルペン(1885年末-1886年初頭)

2.6 パリ(1886年-1888年初頭)

2.7 アルル(1888年-1889年5月)

2.7.1 ゴーギャン到着まで

2.7.2 ゴーギャンとの共同生活

2.7.3 アルル市立病院


2.8 サン=レミ(1889年5月-1890年5月)

2.9 オーヴェル=シュル=オワーズ(1890年5月-7月)

2.10 死(1890年7月)


3 病因

4 後世

4.1 1890年代の評価

4.2 社会的受容と伝説の流布(20世紀前半)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:550 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE