フィデル・カストロ
[Wikipedia|▼Menu]

この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はカストロ、第二姓(母方の)はルスです。

フィデル・カストロ
Fidel Castro


キューバ共産党
初代中央委員会第一書記(英語版)
任期1965年10月3日 ? 2011年4月19日
第二書記ラウル・カストロ
キューバ共和国
初代国家評議会議長閣僚評議会議長
任期1976年12月3日 ? 2008年2月24日
第一副議長ラウル・カストロ
キューバ共和国
第14代首相
任期1959年2月16日 ? 1976年12月2日
元首オスバルド・ドルティコス・トラド大統領
非同盟諸国首脳会議
事務総長
任期1979年9月10日 ? 1983年3月6日
2006年9月16日 - 2008年2月24日

出生1926年8月13日
 キューバ ビラン
死去(2016-11-25) 2016年11月25日(90歳没)
 キューバ ハバナ
政党キューバ共産党
配偶者ミルタ・ディアス・バラルト(1948年 - 1955年
ダリア・ソト・デル・バジュ(1980年 - 2016年、死別)
署名

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz ( audio), 1926年8月13日 - 2016年11月25日[1])は、キューバ政治家革命家軍人弁護士社会主義者で、1959年キューバ革命アメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。革命によって同国の最高指導者となり、首相に就任。1965年から2011年までキューバ共産党中央委員会第一書記(英語版)を、1976年より2008年まで国家評議会議長国家元首)兼閣僚評議会議長(首相)を務めた。

国家元首として在職中、日本国内においては「カストロ議長」と呼称されることが多かった[2]。なお、本項では本人を指す場合は原則として「フィデル」の表記を用いる。これは、彼の弟にして後継者であるラウル・カストロの存在があるためで、ラウルについても本項では原則として「ラウル」の表記を用いる。


目次

1 経歴

1.1 大学卒業まで

1.2 弁護士時代

1.3 武装闘争

1.3.1 モンカダ襲撃

1.3.2 「グランマ号」

1.3.3 勝利


1.4 最高指導者として

1.4.1 経済政策

1.4.2 亡命者問題

1.4.3 宗教政策

1.4.4 外交政策

1.4.4.1 アメリカとの対立・ソビエトとの友好

1.4.4.2 キューバ危機以降の対米・対ソ関係

1.4.4.3 ラテンアメリカ諸国

1.4.4.4 中華人民共和国

1.4.4.5 ヨーロッパ諸国・カナダ



1.5 引退と晩年

1.6 死と葬儀


2 一般的なイメージとエピソード

2.1 暗殺計画

2.2 共産主義指導者としての批評

2.3 葉巻

2.4 長時間の演説

2.5 親日家・野球人として

2.6 カストロ政権でのオリンピック選手団


3 家族

3.1 兄弟

3.2 結婚歴

3.3 子女


4 その他

5 脚注

6 参考文献

7 著書

8 関連映画

9 ビデオ・ゲーム

10 関連項目

11 外部リンク


経歴
大学卒業まで

1926年、マヤリ近郊のビランにて、スペインガリシア人移民で裕福な農場主アンヘル・カストロ・イ・アルヒスの息子として生まれる。当初はマルカネにある公立のグラマースクールに入ったが、ハバナの私立小学校コレヒオ・ベレンを始めとするイエズス会の学校で教育を受け、野球に熱中した。1944年には最優秀高校スポーツ選手に選ばれ、1945年にはハバナ大学に入学して法律を学んだ。

大学では政治活動に参加、革命反乱同盟 (UTR) に加入する。1948年にラテンアメリカの学生運動の連合を図り、コロンビアを訪れたが、次期大統領候補だった自由党の指導者ホルヘ・エリエセル・ガイタンとの会談を予定していたその日にガイタンが暗殺され、コロンビアはボゴタソ(ボゴタ暴動)に突入した。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:107 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE