フィクション
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、一般的な意味について説明しています。作品名などの「fiction」については「fiction」をご覧ください。

プロジェクト フィクション

フィクション(英語: fiction)とは、作り事、虚構のこと[1][2]。あるいは、作り話。創作[1]


目次

1 概説

2 フィクションに関する研究

3 脚注

4 関連項目


概説

英語の「fiction」とは、ラテン語のfictio(「作られたもの」)を語源としている。

「fiction フィクション」は、一般には「事実でないことを事実らしく作り上げること」を意味している[3]。つまり、虚構、絵空事、作り話、事実ではないもの、想像上のもの、捏造されたものなどを指す。

だが、文学用語(文学研究用語)としては、「fiction フィクション」というのは、「架空の出来事を想像的に描いた物語。特に散文で書かれた小説総称する語で、同様に想像的要素の多いとは区別するならわしである[3]。」とされている。つまり文学用語としては、想像的な様々な作品の中でも、特に散文形式のものを指す用語として使われているのである。

また「フィクション」には、虚構ではない実際の出来事の物語を「ノンフィクション」と呼ぶことで、「フィクション」をそれと対照的に扱う用法もある[3]。よってノンフィクションの小説や映画は、事実を再現しているか、基にしたストーリー構成で成り立っている。

Oxford Dictionaryは(も)「fiction」の解説の1番目に「散文形式で書かれた作品で、特に想像上の出来事や人々を描いたもの[4]」を挙げ、2番目に「でっちあげられたもの、あるいは本当ではないこと[5]」を挙げている。


広辞苑や大辞泉で、は1番目の意味に「作り事、虚構」を挙げ、2番目の意味に「作り話。創作」を挙げている。 大辞泉では2番目の意味の説明で「作者の想像力によって作り上げられた架空の物語。小説。」ともしている。

ちなみに「物語」と言うと、内容は事実ということもそうでないということもありうるが、「フィクション」と言う場合は内容が事実とは異なる、ということになる。

日本語ではfictionを「架空の物語」ともいう。 スーパーコンピュータの開発に伴い、2016年には人工知能(AI)による小説も描かれるようになった。フィクションにおける人工知能はかつて様々な作品を産んだが、この時から人工知能がフィクションを思考するようになった。
フィクションに関する研究

物語論ナラトロジー

レトリック

ストーリープロット語り手

脚注^ a b 広辞苑 第五版 p.p2298
^ 大辞泉
^ a b c ブリタニカ百科事典 【フィクション】
^ literature in the form of prose, especially novels, that describes imaginary events and people. ⇒[1]
^ something that is invented or untrue. ⇒[2]

関連項目

架空

架空のものの一覧の一覧

鼻行類(架空の動物の分類群

ノンフィクション

この項目は、文化に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています


更新日時:2017年6月4日(日)12:35
取得日時:2017/12/18 02:51


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:8268 Bytes
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE