ビワ
[Wikipedia|▼Menu]

「ビワ」のその他の用法については「びわ」をご覧ください。

ビワ
ビワ
分類APG III

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:真正双子葉類 eudicots
階級なし:バラ類 rosids
亜科:ナシ亜科 Maloideae
:ビワ属 Eriobotrya
:ビワ E. japonica

学名
Eriobotrya japonica
(Thunb.) Lindl.
和名
ビワ
英名
(Japanese) Loquat

枇杷
繁体字 枇杷
簡体字 枇杷

発音記号
標準中国語
漢語?音pipa
粤語
粤?pei4 paa4

蘆橘
繁体字 蘆橘
簡体字 芦橘

発音記号
標準中国語
漢語?音lu ju
粤語
粤?lou4 gwat1

ビワ(枇杷、学名: Eriobotrya japonica)は、バラ科の常緑高木。

原産は中国南西部で、日本では四国、九州に自生し、多くは果樹として栽培される[1]。樹高はおよそ10メートルほどになる[2]。葉は濃い緑色で大きく、長い楕円形をしており、表面にはつやがあり、裏には産毛がある。そして、その大きな葉陰に楽器の琵琶に似た形をした一口大の多くの甘い実がなり、黄橙色に熟す。語源は、葉の形や実の形が楽器の琵琶に似ているからとされる。中国語でも「枇杷」(ピン音: pipa; 粤?: pei4 paa4)と表記する他、「蘆橘」(ピン音: lu ju; 粤?: lou4 gwat1)とも呼ばれ、英語の「loquat」は後者の広東語発音に由来する。日本には古代に持ち込まれたと考えられており、主に本州南部や四国九州に分布する。またインドなどにも広がり、ビワを用いた様々な療法が生まれた。中国系移民がハワイに持ち込んだ他、日本からイスラエルブラジルに広まった。トルコレバノンギリシャイタリア南部・スペインフランス南・アフリカ北部などでも栽培される。

日本においては梅雨のころに実がなるため、「枇杷」及び「枇杷の実」は仲夏芒種〔6月6日頃〕から小暑の前日〔7月6日頃〕まで)の季語とされている[3]。また冬には、枝先にやや黄色味を帯びた白い五弁の小花を咲かせる。目立たない花ではあるけれどもかぐわしい香りを持ち、「枇杷の花」や「花枇杷」あるいは「枇杷咲く」などは初冬(はつふゆ:立冬〔11月8日ごろ〕から大雪の前日12月7日ごろ〕まで)の季語となっている[4]
目次

1 植物学的特徴

2 栽培

3 利用

3.1 食用

3.2 薬用

3.3 果実酒

3.4 木材


4 ビワにまつわる言葉等

5 画像

6 脚注

6.1 注釈

6.2 出典


7 参考文献

8 関連項目

9 外部リンク

植物学的特徴

枝葉は春・夏・秋と年に3度伸長する。若枝は、淡褐色の細かい毛に覆われている[2]

は互生し、葉柄は短い。葉の形は20 cm前後の長楕円形で厚くて堅く、表面がでこぼこしており葉脈ごとに波打つ。縁には波状の鋸歯がある[2]。葉の表面は初めは毛があるが、生育するにつれて毛はなくなり光沢が出てくる[2]。葉の裏面は、淡褐色の毛に覆われたままである[2]

花芽は主に春枝の先端に着く。花芽は純正花芽。花期は11?2月、香りのよい白い5弁のを群がりつける[2]には毛が密に生えている。自家受粉が可能で、初夏に球形から卵形をした黄橙色の実をつける[2]。果実は花托が肥厚した偽果で、全体が薄い産毛に覆われている。果実の中には大きな赤褐色の種子が数個ある[2]

長崎県千葉県鹿児島県などの温暖な地域での栽培が多いものの若干の耐寒性を持ち、寒冷地でも冬期の最低気温-10℃程度であれば生育・結実可能である。露地成熟は5月?6月。
栽培
栽培
種を蒔くと簡単に発芽するので、
観葉植物として楽しむことが出来る。生長が速いので剪定で小型に育てると良い。実生苗の結実には7?8年の歳月を要する。自家結実性のため、他品種を混植する必要はない。殖やし方は実生、接木であるが挿し木も可能。剪定は9月。露地栽培の場合、摘房・摘蕾を10月、開花は11月?2月、摘果を3月下旬?4月上旬、袋かけを摘果と同時に行う。果実が大きくなるとモモチョッキリ(ゾウムシの仲間)の食害を受ける。
品種
江戸時代末期に日本に導入され、明治時代から、茂木(もぎ)や田中などの果樹としての品種がいくつかある。現在ではその他に大房、瑞穂、クイーン長崎(福原)、白茂木、麗月、陽玉、涼風、長生早生、室戸早生、森尾早生、長崎早生、楠、なつたよりなど多くの品種がある。中国びわとして冠玉や大五星などがある。2006年、種なしびわである希房が品種登録された。古代に渡来し野生化した物と考えられる自生木もあるが、種が大きく果肉が薄いため果樹としての価値はほとんど無い。
産地
日本では全国でビワの実が3,240トン(2012年産、農林水産省統計)収穫され、長崎県千葉県和歌山県香川県愛媛県鹿児島県など温暖な気候の土地で栽培されている。特に長崎県は、全国の3分の1近くを産する日本一の産地となっている[5]。近年は食の多様化や種子を取り出すなど食べにくさに加え、農家の高齢化、寒波に弱く収穫が安定しないなどの問題もあり、収穫量は2003年は9,240トン、2008年は7,110トン、そして2012年は3,240トン[注釈 1]と減少傾向にある。近年ではビニールハウスによる促成栽培も行われている。
日本国内の主な産地

寒さに弱いため産地は温暖な地域に限られ、九州、四国、和歌山、房総半島で栽培が盛ん。また、寒波の影響を受けやすいため、生産量が乱高下しやすい(2012年と2016年は凶作となっている)。

千葉県 …生産量国内2位で、長崎に次ぐ国内の主産地。房州びわとして知られ、「田中」が主流であったが、近年は食味に優れる「大房」が7割弱を占める。南房総市のほか館山市でも栽培が行われている[6]


南房総市(旧富浦町)…富浦は皇室献上の歴史を持つ主産地。県産びわの大半を占める[6]


三重県


松阪市(旧嬉野町)…島田びわの産地。無農薬栽培に取り組み、付加価値を付けて出荷販売をしている。[7]


兵庫県 …生産量6?9位。淡路島が主産地で、北淡の野島地区と南淡の灘地区に産地がある。「田中」が主流であったが、食味に優れる他品種への転換が進んでいる。


淡路市(旧北淡町)…野島地区が中心。野島轟木地区辺りに観光農園が多い。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:33 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE