ビザンティン建築
[Wikipedia|▼Menu]

ビザンティン建築(ビザンティンけんちく、英語: Byzantine Architecture)は、東ローマ帝国(ビザンツ帝国、ビザンティン帝国)の勢力下で興った建築様式である。4世紀頃には帝国の特恵宗教であるキリスト教の儀礼空間を形成し、そのいくつかは大幅な補修を受けているものの今日においても正教会聖堂、あるいはイスラム教モスクとして利用されている。日本では、ビザンツ建築と呼ばれる場合もある。

ローマ建築円熟期の優れた工学技術を継承し、早い段階で技術的成熟に達するが、その後、東ローマ帝国の国力の衰退と隆盛による影響はあるものの、発展することも急速に衰退することもなく存続した。

キリスト教の布教活動とともに、ブルガリアセルビアなどの東欧の東ローマ帝国の勢力圏のみならずロシアあるいはアルメニアジョージアなど西アジアにも浸透していった。その影響力は緩やかなもので、地域の工法・技術と融合しながら独自の様式を発展させた。また、初期のイスラーム建築にも影響を与えている。 イスタンブールハギア・ソフィア大聖堂
周囲の4本のミナレットオスマン帝国時代にモスクに転用された際に付け加えられたもの。「東欧諸国のビザンティン建築」および「ロシア建築」も参照
目次

1 概要

2 歴史

2.1 初期ビザンティン建築

2.1.1 初期キリスト教建築

2.1.2 ユスティニアヌス帝時代の建設事業


2.2 暗黒時代

2.3 中期ビザンティン建築

2.3.1 再生の時代の教会建築

2.3.2 修道院の建築活動


2.4 末期ビザンティン建築

2.4.1 分裂の時代と再統一後の建築活動

2.4.2 末期ビザンティン建築の特徴



3 特徴

3.1 ビザンティン建築の構成

3.1.1 バシリカ

3.1.2 円蓋式バシリカおよびクロス・ドーム

3.1.3 内接十字型

3.1.4 スクィンチ式


3.2 東ローマ帝国の都市

3.3 修道院での慈善施設

3.4 モルタルと煉瓦

3.5 建築の装飾


4 主要建築物

4.1 前期ビザンティン建築

4.2 暗黒時代

4.3 中期ビザンティン建築

4.4 末期ビザンティン建築


5 出典・脚注

6 参考文献

7 関連項目

7.1 ビザンティン建築に関わる世界遺産

7.1.1 ヨーロッパ

7.1.2 アジア

7.1.3 アフリカ



概要 アギオス・ディミトリオス聖堂(テッサロニキ)
初期キリスト教建築におけるバシリカ式教会堂。 ハギア・ソフィア大聖堂
ローマの建築技術を結集した初期ビザンティン建築の傑作。バシリカとドームの融合した教会堂。 オシオス・ルカス修道院中央聖堂
中期ビザンティン建築のスクィンチ式複合型教会堂。

ビザンティン建築を単に時代区分として捉えた場合、コンスタンティヌス大帝330年に首都をビザンティウム(のちコンスタンティノポリス)に移転した時から、1453年オスマン帝国によるローマ帝国滅亡までのほぼ1100年間にも及ぶ時代を指しているが、「東ローマ帝国」「ビザンツ(ビザンティン)帝国」といった呼称が、現代の歴史編集によって、東方世界に継承されたローマ帝国を便宜上区分しているだけであるのと同様に、ビザンティン建築についても、4世紀の時点でローマ建築との様式的、工学的な転換点が明確に存在するわけではない。

4世紀から5世紀にかけて、ローマ帝国では国教となったキリスト教の礼拝空間が形成され、今日、これは特に初期キリスト教建築と呼ばれている。キリスト教徒は教会堂を建設するにあたって、ローマの世俗建築であるバシリカを採用したが、ユスティニアヌス帝の君臨した6世紀に、宗教空間としてより象徴性の高いドームを取り入れた儀礼空間を創造した。ハギア・ソフィア大聖堂はその嚆矢であり、バシリカとドームを融合したキリスト教の礼拝空間はそれまでにない全く新しい形態であった。これは、ローマ帝国から受け継がれた高度な建築技術によって完成したものであり、初期ビザンティン建築の傑作であるとともに、ローマ建築の技術的な最終到達点であるといえる[1]

しかし、イスラム帝国や異民族の侵入による国土の縮小、帝国の政治機構の転換に伴ってビザンティン建築も変容し、やがて初期ビザンティン建築とは異なった特有の建築形態を獲得するに至った。初期のビザンティン建築が勢力下に張り巡らされた建築材料流通経路や建設のための高度な施工技術から、ローマの建築(末期ローマ建築)でもあるといえる[2]のに対し、7世紀から9世紀にかけての東ローマ帝国は、古代世界とは異なった状況を迎えているため[3]、この暗黒時代をビザンティン建築の一つの分岐点とする指摘もある[4]

中期以降の東ローマ帝国は地中海貿易の優位性を失い、唯一の大都市コンスタンティノポリスを擁する農業国となったので、初期の建築とは必然的に異なる様相を見せる。11世紀初頭には皇帝バシレイオス2世の元で東ローマ帝国は最盛期を迎えるが、巨大な公共建築物は必要とされなくなり、建設の主流は貴族や有力者の個人礼拝のための施設に向けられた。これは9世紀まで続いた聖像破壊運動修道院の独立を促し、修道院の建設移転譲渡が裕福な寄進者によって行われるカリスティキアと呼ばれる制度が形成されたことによる。多数の人員を収容する必要がなくなったため、教会堂は小型化し、その結果、それまでのバシリカは放逐されて、内接十字型とよばれるドームを頂く中小規模の教会堂建築が主流となった。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:118 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE