パレスチナ解放機構
◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

パレスチナ解放機構目的イスラエル支配下にあるパレスチナの解放
本部パレスチナ
公用語アラビア語
ウェブサイトパレスチナ解放機構 国連オブザーバー代表部(英語)
諸機構の統合機関

パレスチナ解放機構(パレスチナかいほうきこう、アラビア語: ????? ??????? ??????????? 、ラテン文字転写:Muna??amat at-Ta?r?r al-Filas??niyyah 、英語: Palestine Liberation Organization、略称:PLO)は、イスラエル支配下にあるパレスチナを解放することを目的とした諸機構の統合機関。現在のパレスチナ自治政府の母体となった。

組織名については、ヘブライ語では頭文字を合わせて「アッシャフ」(ヘブライ語:??"?)と呼ばれる。


目次

1 理念

2 歴史

2.1 創設とアラファートの加入

2.2 解放闘争

2.3 湾岸戦争

2.4 オスロ合意

2.5 第2次インティファーダ

2.6 アラファートからアッバースへ


3 組織

3.1 参加組織

3.2 執行委員会議長一覧


4 関連項目

5 脚注

6 参考文献

7 外部リンク


理念

主な主張としては、パレスチナ人の民族自決権や離散パレスチナ人の帰還権である。また、政治路線としては、結成当初の規約では入植者ではないユダヤ人のみパレスチナの一市民と認め[1][2]、武装闘争によりイスラエルを敵視してパレスチナを解放することをうたっていたが[3][4]ヤーセル・アラファートが第2代議長になってからはイスラエルとの徹底抗戦姿勢を退け、第三次中東戦争でのイスラエルの占領地の返還および、イスラム教徒キリスト教徒ユダヤ教徒が共存する民主的世俗的なパレスチナ国家を独立させることを目標とし(パレスチナの独立宣言)、憲章にあるイスラエル敵視条項の修正にも動いた[5][6][7][8]
歴史
創設とアラファートの加入

1964年1月の第一回アラブ首脳会議で成立したアラブ連盟により設立され、イスラエル建国で難民となったパレスチナ人の対イスラエル闘争の統合組織となり、反イスラエルの中心勢力となった。1967年第三次中東戦争アラブ諸国側の敗北に終わると、ゲリラ組織や労働運動組織などを主体とするパレスチナ人の民衆的運動として再編され、ヨルダンで反イスラエル闘争を行って越境攻撃を撃退するなどの大きな戦果をあげ、パレスチナ人の間に名声を高めていたファタハが加入した。1969年2月、エジプトナセル大統領の「パレスチナの指導者」というお墨付きを得た[9]ヤーセル・アラファートがPLO第2代議長に就任し、ファタハを中心に機構を再整備、実質上のパレスチナ亡命政府となる。
解放闘争

 拠点ははじめヨルダンのアンマンにあったが、ファタハがたびたびイスラエルに対する越境攻撃を行い、ヨルダン領内へのイスラエル軍の反撃・侵攻を招いたことなどから、PFLP旅客機同時ハイジャック事件をきっかけに始まった1970年ブラック・セプテンバーにより、ヨルダンを追われ、活動の拠点をレバノンベイルートに移した。


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:24 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE