パシュパティナート
[Wikipedia|▼Menu]
パシュパティナートの夜景地図

パシュパティナート、バシュバテイナタ(Pashupatinath)は、カトマンズにあるシヴァ神を祭るネパール最大のヒンドゥー教寺院バグマティ川の川岸に建ち、1979年世界遺産に登録された「カトマンズ盆地」を構成する一つとなっている[1]
目次

1 概要

2 交通アクセス

3 入場時間

4 脚注

5 関連項目

6 外部リンク

概要

シヴァが滞在したとの言い伝えのあるこの地は、はるか1500年以上も昔から巡礼の地となっており、インド大陸四大シヴァ寺院の一つにも数えられ、近年までヒンドゥー教国教であったネパールでは最高の聖なる地であり、ネパール国内のみならずインドなど海外からのサドゥや巡礼者が数多く訪問する聖地になっている。[1]

が面しているバグマティ川には、隣接した火葬台を複数備える火葬場があり、に流される。バグマティ川は、ヒンズーの聖地である、インドバラーナシを流れるガンジス河に通ずる支流にあたるため、その聖なる水で遺体を清めガート荼毘に付せば母なる大河ガンガーへと戻ってゆくと考えられている。ゆえに、遺灰をこの川に流すのがネパールのヒンズー教徒の願望であり、輪廻転生を信じ墓を作らない習慣のヒンドゥー教徒にとって、この方法が理想的な死の形とされる[1]。バグマティ川の中では火葬が行われている脇で身体を清める者もあれば、洗濯をする女の姿も見受けられる。位の高いものほど上流の火葬台で焼かれる。バグマティ川に架かる橋上は、火葬の最高の見物ポイントになっている[1]

パシュパティナート寺院はヒンズー教徒以外は立ち入れないが、火葬場は入場料を払えば観光客も立ち入れ撮影も自由である。終日立ち込めるカトマンズは火葬場の煙であるとさえ言われている。魂が天上へ帰る場所にふさわしく、すぐそばの丘に登れば7003700000000000000?7000 m級のアンナプルナをはじめとするヒマラヤ山脈がはるかに聳え立つ。 パシュパティナートの全景
交通アクセス

タメル地区からタクシーで約30分、徒歩約1時間[1]
入場時間

明け方4時から、夜まで。入場料1000ルピー[1]
脚注

[ヘルプ]
^ a b c d e f “世界遺産パシュパティナートの火葬場は、人間の「死」と向き合える場所”. Travel.jp (2015年1月26日). 2018年6月23日閲覧。

関連項目

火葬

火葬場

墓地

宗教宗教一覧神の一覧

インド哲学

ヨーガ

ヒンドゥー至上主義

ネパール関係記事の一覧

ムスタン王国

外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、パシュパティナートに関連するカテゴリがあります。

ウィクショナリーにパシュパティナートの項目があります。


パシュパティナート(Pashupatinath)のバーチャルツアー

ネパール王室 (英語)

ネパール観光局 (英語)

駐日ネパール王国大使館 (日本語)

日本外務省 ネパールの情報

社団法人日本ネパール協会










ヒンドゥー教
基本教義輪廻 - 解脱 - - ブラフマン - アートマン - 梵我一如 - マーヤー - バクティ - グル - アヒンサー - アパリグラハ
宗派ヴィシュヌ派 - シヴァ派 - シャクティ派 - スマールタ派
人物マヌ - シャンカラ - ラーマーヌジャ
哲学ヴェーダーンタ学派 - ミーマーンサー学派 - ヨーガ学派 - サーンキヤ学派 - ニヤーヤ学派 - ヴァイシェーシカ学派
聖典

ヴェーダ

リグ・ヴェーダ - サーマ・ヴェーダ - ヤジュル・ヴェーダ - アタルヴァ・ヴェーダ
分類サンヒター - ブラーフマナ - アーラニヤカ - ウパニシャッド
ウパニシャッドアイタレーヤ - カウシータキ - ブリハッド・アーラニヤカ - イーシャー - タイッティリーヤ - カタ - マイトリー - シュヴェーターシュヴァタラ - チャーンドーギヤ - ケーナ - ムンダカ - マーンドゥーキヤ - プラシュナ


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:22 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE