バルバドス
[Wikipedia|▼Menu]

悪魔の一柱である「バルバトス」とは異なります。

この項目では、西インド諸島の国家について説明しています。元プロボクサーについては「バルバドス・ジョー・ウォルコット」をご覧ください。
バルバドス
Barbados


国旗国章
国の標語:Pride and Industry
(英語: 誇りと勤勉)国歌豊かな時も、いざという時も

公用語英語
首都ブリッジタウン
最大の都市ブリッジタウン
政府
女王エリザベス2世
総督サンドラ・メイソン(英語版)
首相ミア・モトリー(英語版)

面積
総計431km2183位
水面積率極僅か

人口
総計(2008年256,000人(171位
人口密度646人/km2

GDP(自国通貨表示)
合計(2008年)73億[1]バルバドス・ドル

GDP (MER)
合計(2008年)36億[1]ドル(146位

GDP (PPP)
合計(2008年)52億[1]ドル(148位
1人あたり19,025[1]ドル

独立
イギリスより1966年11月30日

通貨バルバドス・ドル (BBD)
時間帯UTC -4(DST:なし)
ISO 3166-1BB / BRB
ccTLD.bb
国際電話番号1-246

バルバドス(英語: Barbados)は、カリブ海西インド諸島内の小アンティル諸島東端に位置する、英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。島国であり、島全体が珊瑚礁で出来ている。海を隔てて約200kmの北西にセントルシア、西にセントビンセント・グレナディーン、南西にグレナダトリニダード・トバゴが存在する。首都ブリッジタウン

ラテンアメリカカリブ海諸国全域において、最も議会制民主主義が定着した国であり、国際連合による人間開発指数では42位(2010年度)と域内最高である。平均寿命は77.2歳(男74.2歳、女79.8歳、2010年度)で世界第43位。


目次

1 国名

2 歴史

2.1 先コロンブス期

2.2 植民地時代

2.3 独立以後


3 政治

4 軍事

5 地方行政区分

6 地理

7 経済

7.1 交通


8 国民

9 文化

9.1 スポーツ

9.2 食文化

9.3 世界遺産


10 主な著名人

11 その他

12 脚注

13 参考文献

14 関連項目

15 外部リンク


国名

正式名称は、英語でBarbados [b?r?be?d?s, b?r?be?do?s] ( 音声ファイル)(バーベイドス(ズ))。

日本語の表記は、バルバドス。漢字表記は巴巴多斯など。

国名は、ポルトガル語のOs Barbados(の生えたもの)から来ている。理由は諸説あり、この島に生えている木の根が鬚のように見えたからという説、この木に生えたが鬚のように見えたからという説、木から垂れ下がった草が鬚のように見えたからという説など。
歴史詳細は「バルバドスの歴史」を参照
先コロンブス期

ヨーロッパ人の到来以前、この島には南米ギアナ地方から、アラワク族インディオシボネイ族が移住していた。その最古の移住者が訪れたのは4世紀半ばと考えられている。その後、好戦的なカリブ族にたびたび襲撃された。
植民地時代ムラートの女性(18世紀

1500年 スペイン人がこの島に渡来。スペイン人はこの島を植民地化はしなかったが、その間、全ての先住民を奴隷としてイスパニョーラ島で強制労働させた。そのため、バルバドス島は無人島化してしまった。

1536年 ポルトガルの航海者ペドロ・カンポスが、バルバドス島に上陸した。その後、スペインによる奴隷制プランテーション農園が開設されたが、やがて放棄された。

1625年 イギリス王チャールズ1世からカーライル伯ジェームズ・ヘイに、バルバドス島の独占所有権を含む植民地経営の特許状が下される[2]。植民地経営は軌道に乗り、1629年の末にはおよそ3000人の入植者が小アンティル諸島のカーライル伯領に入植していた。

1638年 カーライル伯の死亡とともに、王領植民地となる[3]

イングランドの統治が始まってからは、1650年代にブラジル北東部からオランダ領ブラジル(英語版)が消滅して追放された元オランダ東インド会社オランダ人農園主によって、マデイラ諸島からブラジルに導入されてエンジェニョ(英語版)(砂糖プランテーション)で培われたサトウキビの生産技術が導入され、カリブ海諸島で初となるサトウキビプランテーションがイギリス人の農園主によって経営された。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:49 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE