ハンセン病
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「ライ病」はこの項目へ転送されています。小児病の一つについては「ライ症候群」をご覧ください。

ハンセン病
ハンセン病を患ったノルウェーの24歳男性(1886年)
分類および外部参照情報
発音[?l?pr?si][1]
ICD-10A30
ICD-9-CM030
OMIM ⇒246300
DiseasesDB8478
MedlinePlus001347
eMedicine ⇒med/1281derm/223neuro/187
Patient UK ⇒ハンセン病
MeSHD007918

ハンセン病(ハンセンびょう、Hansen's disease, Leprosy)は、抗酸菌の一種であるらい菌 (Mycobacterium leprae) の皮膚のマクロファージ内寄生および末梢神経細胞内寄生によって引き起こされる感染症である。

病名は、1873年にらい菌を発見したノルウェーの医師、アルマウェル・ハンセンに由来する。かつての日本では「癩(らい)」、「癩病」、「らい病[注釈 1]」とも呼ばれていたが、それらを差別的に感じる人も多く、歴史的な文脈以外での使用は避けられるのが一般的である。その理由は、「医療や病気への理解が乏しい時代に、その外見や感染への恐怖心などから、患者への過剰な差別が生じた時に使われた呼称である」ためで、それに関連する映画なども作成されている。

感染経路は、らい菌の経鼻・経気道よりのものが主であるが、他系統も存在する(感染経路の項にて後述)。感染力は非常に低く、治療法も確立した現状では、重篤な後遺症を残すことや感染源になることは稀であるものの、適切な治療を受けない・受けられない場合、皮膚に重度の病変が生じ、他者へ感染することもある。

2007年の統計では、世界におけるハンセン病の新規患者総数は年間約25万人である。一方、近年の日本国内の新規患者数は年間で0?1人に抑制され、現在では稀な疾病となっている。ハンナ・リデルは日本のハンセン病史に名を刻んだ。


目次

1 呼称

1.1 西洋における呼称と和訳

1.2 日本の古い呼称

1.3 Hansen's disease(ハンセン病)への改称


2 ハンセン病の原因

2.1 らい菌について

2.2 感染源

2.3 感染経路

2.4 伝染力

2.5 潜伏期間

2.6 らい菌発見の経緯


3 疫学

3.1 世界

3.2 日本


4 分類

4.1 WHO治療指針の病型分類法

4.2 Ridley & Joplingの分類法

4.3 その他の分類


5 症状

5.1 一次症状

5.2 二次症状

5.3 らい反応

5.4 社会的要因による合併症

5.4.1 精神疾患



6 診断・検査

6.1 プライマリ検査

6.2 WHOの基準

6.3 その他の検査

6.4 鑑別診断


7 予防と治療

7.1 予防

7.2 治療概論

7.3 治療基準


◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:196 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE