ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ
??? ?? ???? ?? ??????
バーレーン首長/バーレーン国王
ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ(2007年)
在位1999年3月6日 - 2002年2月14日(首長)
2002年2月14日 - 在位中(国王)
全名??? ?? ???? ?? ??????
ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ
出生(1950-01-28) 1950年1月28日(67歳)
バーレーンリファー
配偶者サビーカ・ビント・イブラーヒーム・アール・ハリーファ
子女一覧参照

サルマーン
アブドゥッラー
ハリーファ
ナジーラ
ナーセル
ハーリド
ヌーラ
ムニーラ
ヘッサ
スルターン
リーマ
ファイサル

王家ハリーファ家
父親イーサ・ビン・サルマーン・アール・ハリーファ
母親ヘサ・ビント・サルマーン・アール・ハリーファ
宗教イスラム教スンナ派
テンプレートを表示

ウィキメディア・コモンズには、ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファに関連するカテゴリがあります。

ハマド・ビン・イーサ・アール・ハリーファ(アラビア語: ??? ?? ???? ?? ??????, ラテン文字転写: Hamad bin Isa Al Khalifa[1]1950年7月15日 - )は、現バーレーン国王(在位:1999年3月6日 - )。国王としては初代、アール・ハリーファ家の君主としては第11代に当たる。バーレーンの政体を絶対君主制から立憲君主制に移行させ、議会政治の復活や女性参政権の確立など、大規模な民主化政策を断行した。


目次

1 略歴[2]

2 民主化政策

3 人物

3.1 地位

3.2 信仰

3.3 人物


4 家族

5 名称

6 脚注

7 関連項目

8 外部リンク


略歴[2]

1950年7月15日イギリス保護国バーレーンで当時の皇太子イーサ・ビン・サルマーン・アール・ハリーファの長男として誕生。

1964年6月27日、初等教育の完了に合わせ皇太子となる。

その後イギリスへ留学し、1968年までレイズ・スクール (en) 、オールダーショットのオールダーショット・スクール(英語版)、サンドハースト王立陸軍士官学校で学ぶ。

1968年 帰国。10月9日、サビーカ王妃と成婚。

1969年10月21日、後に王太子となる長子サルマーンが誕生。

1971年 バーレーン独立。内閣が組織され、国防大臣に就任。即位までは主にこの役職を務める。

1972年 アメリカ陸軍指揮幕僚大学へ留学。翌年卒業。

1999年3月6日、父のイーサ首長が急死。後継の首長として即位する。

2002年 憲法改正に伴い、バーレーンは王制へ移行。初代国王に即位。

民主化政策

バーレーンの政治も参照のこと

1971年のイギリスからの独立後のバーレーンは、1975年に議会を停止し絶対君主制を形成していった。これに対し、1999年3月、首長に即位したハマドは大規模な民主化政策を断行した。

まず1999年6月、特赦令を発布し政治犯の釈放と国外追放処分者の復権を行った。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:33 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE