ノーベル生理学・医学賞
[Wikipedia|▼Menu]

ノーベル生理学・医学賞
受賞対象
生理学医学
会場ストックホルム
国 スウェーデン
授与者カロリンスカ研究所
初回1901年
最新回2018年
最新受賞者ジェームズ・P・アリソン
本庶佑
公式サイト ⇒http://www.nobelprize.org/

ノーベル生理学・医学賞(ノーベルせいりがく・いがくしょう、スウェーデン語: Nobelpriset i fysiologi eller medicin)はノーベル賞6部門のうちの一つ。「生理学および医学の分野で最も重要な発見を行った」人物に与えられる。選考はカロリンスカ研究所ノーベル委員会が行う。

ノーベル生理学・医学賞のメダルは、表面にはアルフレッド・ノーベルの横顔(各賞共通)、裏面には膝の上に本を広げつつ、病気の少女のために岩から流れる水を汲んでいる医者の姿がデザインされている[1]
目次

1 歴代受賞者

1.1 1900年代

1.2 1910年代

1.3 1920年代

1.4 1930年代

1.5 1940年代

1.6 1950年代

1.7 1960年代

1.8 1970年代

1.9 1980年代

1.10 1990年代

1.11 2000年代

1.12 2010年代


2 脚注

3 関連項目

4 外部リンク

歴代受賞者
1900年代

年度受賞者名国籍受賞理由
1901年エミール・アドルフ・フォン・ベーリング
Emil Adolf von Behring ドイツ帝国血清療法の研究[2]、特にジフテリアに対するものによって、医学の新しい分野を切り開き、生理学者の手に疾病や死に勝利しうる手段を提供したこと。
1902年ロナルド・ロス
Ronald Ross イギリスマラリアの研究によってその感染経路を示し[3]、疾病やそれに対抗する手段に関する研究の基礎を築いたこと
1903年ニールス・フィンセン
Niels Ryberg Finsen デンマーク疾病の治療法への寄与、特に尋常性狼瘡への光線治療法によって、医学の新しい領域を開拓したこと
1904年イワン・パブロフ
Ivan Petrovich Pavlov ロシア帝国消化生理の研究により、その性質に関する知見を転換し拡張したこと[4]
1905年ロベルト・コッホ
Robert Koch ドイツ帝国結核に関する研究と発見[5]
1906年カミッロ・ゴルジ
Camillo Golgi イタリア王国神経系の構造研究[6]
サンティアゴ・ラモン・イ・カハール
Santiago Ramon y Cajal スペイン王国
1907年シャルル・ルイ・アルフォンス・ラヴラン
Charles Louis Alphonse Laveran フランス共和国疾病発生における原虫類の役割に関する研究[7]
1908年イリヤ・メチニコフ
Ilya Ilyich Mechnikov ロシア帝国免疫の研究[8]
パウル・エールリヒ
Paul Ehrlich ドイツ帝国
1909年エーミール・コッハー
Emil Theodor Kocher スイス甲状腺の生理学、病理学および外科学的研究[9]

1910年代

年度受賞者名国籍受賞理由
1910年アルブレヒト・コッセル
Albrecht Kossel ドイツ帝国核酸物質[10]を含む、タンパク質に関する研究による細胞化学の知見への寄与
1911年アルヴァル・グルストランド
Allvar Gullstrand スウェーデン屈折機能に関する研究
1912年アレクシス・カレル


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:139 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE