ノストラダムス
[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、ルネサンス期フランスの人物について説明しています。その他の用法については「ノストラダムス (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ミシェル・ド・ノートルダム
Michel de Nostredame
ノストラダムスの肖像画(1614年頃)
ペンネームノストラダムス
Nostradamus
誕生1503年12月14日
サン=レミ=ド=プロヴァンス
死没 (1566-07-02) 1566年7月2日(62歳没)
サロン=ド=プロヴァンス
職業医師
占星術師
詩人
料理研究家
国籍フランス
ジャンル
予言
配偶者アンリエット・ダンコス
アンヌ・ポンサルド
子供マドレーヌ・ド・ノートルダム
セザール・ド・ノートルダム
シャルル・ド・ノートルダム
アンドレ・ド・ノートルダム
アンヌ・ド・ノートルダム
ディアーヌ・ド・ノートルダム
親族レニエール(ルネ)・ド・サン=レミ
ジョーム・ド・ノートルダム
影響を与えたもの

ピエール・チュレル
ジロラモ・サヴォナローラ
ピエール・チュレル
リシャール・ルーサ

ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ミシェル・ノストラダムス(Michel Nostradamus、1503年12月14日 - 1566年7月2日)は、ルネサンスフランス医師占星術[注釈 1]詩人。また料理研究の著作も著している。日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集を著した。彼の予言は、現在に至るまで多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしてきた。

本名はミシェル・ド・ノートルダム (Michel de Nostredame) で、これはフランス語による。よく知られるノストラダムスの名は、ラテン語風に綴ったものである。しばしば、「ミシェル・ド・ノストラダムス」と表記されることもあるが、後述するように適切なものではない。
目次

1 概要

2 出自

3 生涯

3.1 少年時代および遊学期

3.2 モンペリエとアジャンでの日々

3.3 医師としての活動

3.4 予言者としての成功

3.5 晩年

3.6 墓


4 著作

4.1 著作閲覧

4.2 筆名について


5 学術的な検証

6 予言の典拠

6.1 占星術について

6.2 歴史関連の参考文献

6.3 予言関連の参考文献

6.4 他の参考文献


7 ノストラダムスの肖像

8 関連年表

8.1 ノストラダムスの存命中の関連年表

8.2 没後の関連年表


9 注釈

10 出典

11 参考文献

12 関連書籍

13 関連項目

14 外部リンク

概要

ノストラダムスは改宗ユダヤ人を先祖とし、1503年プロヴァンスで生まれ、おそらくアヴィニョン大学教養科目を、モンペリエ大学では医学を、それぞれ学んだ。南仏でのペスト流行時には積極的に治療にあたり、後年にその時の経験などを踏まえて『化粧品とジャム論』などを著した。

他方で、1550年頃から占星術師としての執筆活動も始め、代表作『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』などを著し、当時大いにもてはやされた。王妃カトリーヌ・ド・メディシスら王族や有力者たちの中にも彼の予言を賛嘆する者が現れ、1564年には、国王シャルル9世より「常任侍医兼顧問」に任命された。その2年後、病気により62歳で没した。

彼の作品で特によく知られているのが、『ミシェル・ノストラダムス師の予言集』である(『諸世紀』という名称も流布しているが、適切なものではない)。そこに収められた四行詩形式の予言は非常に難解であったため、後世様々に解釈され、その「的中例」が広く喧伝されてきた。あわせてノストラダムス自身の生涯にも多くの伝説が積み重ねられてゆき、結果として、信奉者たちにより「大予言者ノストラダムス」として祭り上げられることとなった(「ノストラダムス現象」も参照のこと)。

長らくこれに対する学術的検証はほとんど行われてこなかったが、現在では伝説を極力排除した彼の生涯や、彼自身の予言観や未来観を形成する上で強い影響を与えたと考えられる文典の存在なども、徐々に明らかとなりつつある。そうした知見を踏まえる形で、ルネサンス期の一人の人文主義者としてのノストラダムス像の形成や、彼の作品への文学的再評価などが、目下着実に行われつつある。
出自詳細は「ノストラダムス一族」を参照

ノストラダムスの父方の先祖は、14世紀末以降、アヴィニョンで商業を営んでいた。父方の祖父が善良王ルネに仕えた医師・占星術師であったとする説は、ノストラダムスの長男ら親族による誇張であり、父方の祖父も実際には商人であった。ピエール=ジョゼフ・ド・エーツによる18世紀の伝記などでは、ノストラダムスの先祖を更に遡れば、失われた十支族イッサカル族に辿り着くとされているが、これもまた根拠を持たない[1]

父方の曾祖父ダヴァン・ド・カルカソンヌと祖父クレカは、15世紀半ばにユダヤ教からキリスト教に改宗した。改宗後、クレカはピエール・ド・ノートルダムと改名し、三度目の妻の姓をもとにペイロ・ド・サント=マリーとも名乗った。ノートルダムもサント=マリーも聖母マリアを意味する。祖父は改名後、ノートルダム姓をより多く用い、それが息子や孫(ノストラダムス)にも受け継がれた。

ピエールの息子でノストラダムスの父にあたるジョーム・ド・ノートルダムも、当初はアヴィニョンの商人であったが、サン=レミ=ド=プロヴァンス(当記事では以下サン=レミと略記)の住民レニエールと結婚した後、サン=レミに居を移した[注釈 2]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:212 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE