ネットスケープコミュニケーションズ
[Wikipedia|▼Menu]

ネットスケープコミュニケーションズ (Netscape Communications Corporation) はジム・クラークマーク・アンドリーセンらによって設立された、かつて存在したアメリカ合衆国の企業である。1994年4月4日にモザイク・コミュニケーションズ (Mosaic Communications Corporation) として設立され、同年11月14日にネットスケープコミュニケーションズに社名変更した[1]1998年AOLによって買収された[2]。 ネットスケープコミュニケーションズは以下に挙げている製品だけでなく JavaScriptRDFRSSSSL といった根幹技術を生み出した企業でもある。


目次

1 製品

1.1 Netscape Navigator

1.2 Netscape Communicator

1.3 Directory Server

1.4 SuiteSpot

1.5 Information Management

1.6 Messaging & Collaboration

1.7 Administration & Security Infrastructure

1.8 SuiteSpot Hosting Edition

1.9 Netscape Application Server

1.10 Netscape Enterprise Server

1.11 Netscape Communications Server

1.12 Netscape Commerce Server

1.13 Netscape FastTrack Server


2 脚注

3 関連項目

4 外部リンク


製品
Netscape Navigator

当初、機能に制限を設けたウェブブラウザである Netscape Navigator を無料配布し、機能制限のない製品版の購入を促す戦略をとった。事業は成功し、株式公開時に市場が白熱した話は有名である。この後、 World Wide Web の利用が爆発的に拡大した。

このことに触発されたビル・ゲイツはブラウザ開発に本腰を入れ、マイクロソフトWindows 95 の発売と同時に Internet Explorer をリリース。当初は有償のWindows機能拡張セットであるMicrosoft Plus!の一部であったが、後に無償での配布に変更。Windows 95 の後継バージョン Windows 98 からは標準で Internet Explorer を搭載した。無償であることとWindowsの市場占有率の高さから、自然と Internet Explorer の利用者は増えていった。

ネットスケープコミュニケーションズとマイクロソフトのシェア争いは第一次ブラウザ戦争と呼ばれた。しかしネットスケープはなおも有料販売モデルに固執しユーザーの流出を招くこととなったが、ネットスケープはマイクロソフトに対し不公正な競争であるとの訴訟を起こす。後にこの訴訟は、ネットスケープを買収したAOLとマイクロソフトの訴訟の和解の際、子会社であるネットスケープの訴えも併せて取り下げられた。

1998年1月、ついにNavigator無料化への変更[3]を余儀なくされるが、既にこの時点で多くの利用者を Internet Explorer に奪われていたため、ウェブページも Internet Explorer での閲覧を優先したものが多くなっていた。その後に新バージョンを出すも欠陥が多く、Windowsとの相性の悪さ、初心者を戸惑わせる複雑な設定項目なども敬遠され、Webブラウザとしての競争力を失った。最終的にシェアは数パーセントにまで落ち込んだ。2011年現在のNetscapeの利用率は0.1%未満である[4]

1995年に設立された日本法人は2001年をもって解散している。

2002年に Netscape 7 を、2005年に Netscape 8 をリリースしたが、バージョン8以降英語版以外の公式版はリリースされていない。

Netscape製品は親会社AOLが設立した Mozilla Foundation に移行し、開発が続けられている。
Netscape Communicator

この節の加筆が望まれています。

Directory Server

Netscape Directory Serverは、世界初の商用LDAPディレクトリサーバである。この製品はミシガン大学のLDAPv1サーバ slapdから派生した物であり、設定ファイルの書式など多くの部分でslapdの末孫OpenLDAPとの共通点を見いだす事ができる。LDAPv2への対応はNetscape社独自の実装によって対応している。この製品は現在、Sun Microsystems社がNetscape社から権利を買い、現在はSun Java System Directory ServerとしてLDAPv3対応サーバとして提供されている。日本ではソフトバンクNTTドコモ等が採用するなど大規模ディレクトリシステムにおける業界標準となっている。またNetscape社が留保した権利を含む事業はRed Hatが買収し、389 Directory ServerおよびRed Hat Directory Serverとして提供されている。
SuiteSpot

この節の加筆が望まれています。

Information Management

この節の加筆が望まれています。

Messaging & Collaboration

この節の加筆が望まれています。

Administration & Security Infrastructure

この節の加筆が望まれています。

SuiteSpot Hosting Edition

この節の加筆が望まれています。

Netscape Application Server

企業向けに発売されたWebアプリケーションサーバである。
Netscape Enterprise Server

この節の加筆が望まれています。

Netscape Communications Server

この節の加筆が望まれています。

Netscape Commerce Server

この節の加筆が望まれています。

Netscape FastTrack Server

この節の加筆が望まれています。

脚注

[ヘルプ]
^Mosaic Communications changes name to "Netscape Communications Corporation"
^ “ ⇒AOL、Netscapeを42億ドルで買収。Sunと業務提携”. PC Watch (1998年11月25日). 2012年8月31日閲覧。
^ネットスケープ社が「Netscape Navigator」の無償配布開始
^ en:Usage share of web browsers#Net Applications (2004 Q4 to present)


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:17 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE