ネズミ
[Wikipedia|▼Menu]

「鼠」はこの項目へ転送されています。漢字の部首については「鼠部」をご覧ください。

この項目では、動物について説明しています。その他の用法については「ねずみ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ネズミ
ユーラシアハタネズミ Microtus arvalis
分類

:動物界 Animalia
:脊索動物門 Chordata
亜門:脊椎動物亜門 Vertebrata
:哺乳綱 Mammalia
:ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目:ネズミ亜目 Myomorpha

上科


ネズミ上科 Muroidea

トビネズミ上科 Dipodoidea

ヤマネ上科 Gliroidea

ネズミ(鼠または鼡)は、哺乳類ネズミ目(齧歯目)の数科の総称である。

ハツカネズミドブネズミなど、1300種[1]あるいは1065-1800種[2]が含まれ、一大グループを形成している。
目次

1 形態および生態

2 分類

2.1 旧ネズミ亜目

2.2 その他の「ネズミ」

2.2.1 ネズミ目

2.2.2 ネズミ目以外



3 人間との関わり

3.1 日本列島におけるネズミ

3.1.1 語源説


3.2 家ネズミ

3.3 スーパーラット

3.4 湖南省の大鼠害

3.5 食材として

3.6 ネズミとチーズ 


4 ネズミの駆除方法

5 日本神話のネズミ

6 物語のネズミ

7 ネズミに関する言葉・慣用句

8 脚注

9 参考文献

10 関連項目

形態および生態

ネズミのほとんどが夜行性である。また、ネズミの門歯は一生伸び続けるというげっ歯類の特徴を持っているため、常に何か硬いものを(必ずしも食物としてではなく)かじって前歯をすり減らす習性がある。硬いものをかじらないまま放置しておくと、伸びた前歯が口をふさぐ形になり食べ物が口に入らなくなってしまい餓死してしまう。

世界中のほとんどあらゆる場所に生息している。ネズミ上科のほとんどのが、丸い耳、とがった鼻先、長い尻尾といった、よく似た外観上の特徴をもち、外観から種を見分けることは難しい。このため、頭骨や歯によって識別がなされている。

繁殖力が旺盛である。ハツカネズミなどのネズミは一度の出産で6-8匹生むことが出来、わずか3-4週間程度で性成熟し子供が産めるようになる。
分類 スナネズミ Mongolian gerbil ハツカネズミ

古い分類では、ネズミ亜目の総称とされていた[3][1][2]。ただし、ネズミ亜目の分類は当時から変化し、現在のネズミ亜目はかなり異なる。あるいは狭義にはネズミ上科[1][4]、さらに狭義にはネズミ科[1][5]の総称ともされる。
旧ネズミ亜目

広義に取った場合、古い分類でネズミ目ネズミ亜目に分類されていた3上科9科が含まれる。これは現在の分類では、ネズミ亜目の2上科8科とリス亜目の1科に分類される(いずれも、科数は分類により若干増減する)。

ネズミ亜目
Myomorpha の一部

ネズミ下目 Hystricomorpha(狭義のネズミ亜目 Myomorpha)

ネズミ上科 Muroidea

ネズミ科 Muridae - クマネズミドブネズミハツカネズミアカネズミ、アレチネズミ、スナネズミ など

アシナガマウス科 Nesomyidae - アフリカオニネズミ など

キヌゲネズミ科 Cricetidae - キヌゲネズミハムスターミズハタネズミハタネズミ など

メクラネズミ科 Spalacidae - メクラネズミ、タケネズミ など

ヨルマウス科 Calomyscidae


トビネズミ上科 Dipodoidea

トビネズミ科 Dipodidae - トビネズミ、トビハツカネズミ、オナガネズミ




リス亜目 Sciuromorpha の一部

ヤマネ下目 Glirimorpha

ヤマネ上科 Gliroidea

ヤマネ科 Gliridae - ヤマネ、トゲヤマネ、サバクヤマネ



現在のネズミ亜目には、以前はリス亜目に分類されていた、ホリネズミ科・ポケットマウス科・ビーバー科ウロコオリス科トビウサギ科も含まれるが、これらは通常、ネズミとされない。

ヤマネ科は、古い分類ではネズミ亜目とされ、ネムリネズミの異名もあり、ネズミに含められてきた[3]。しかし、現在の分類ではリス亜目であり、標準和名に「ネズミ」が入ってないことも相まって、ネズミとしないことも多い。
その他の「ネズミ」
ネズミ目

ネズミ亜目の残りや、近縁なヤマアラシ亜目にも、和名に「ネズミ」が含まれる種が散見され、俗に「ネズミ」と呼ばれることがある。ただし、解剖学的にはネズミ亜目と異なる点もあり、生物学的な観点からは「真のネズミではない」とされる[2]。ただし、ホリネズミ科をネズミに含めることがある[6]

和名に「ネズミ」を含む主な種は以下の科に含まれる。分類群は関連するもの以外は省略。

ネズミ亜目 Myomorpha

ネズミ下目(狭義のネズミ亜目) Myodonta

ネズミ上科 Muroidea ※真のネズミ

トビネズミ上科 Dipodoidea ※真のネズミ


ビーバー下目(ビーバー亜目) Castoriomorpha

ホリネズミ上科 Geomyoidea

ホリネズミ科 Geomyidae - ホリネズミ

ポケットマウス科 Heteromyidae - ポケットネズミ、カンガルーネズミ など




ヤマアラシ亜目 Hystricomorpha

ヤマアラシ下目 Hystricognathi

テンジクネズミ小目 Caviomorpha

デグー科 Octodontidae - コルロネズミ

チンチラネズミ科 Abrocomidae - チンチラネズミ

テンジクネズミ科 Caviidae - テンジクネズミ(モルモット)

アメリカトゲネズミ科(アメリカトビネズミ科)Echimyidae - アメリカトゲネズミ、ギアラトゲネズミ など


フィオミス小目 Phiomorpha


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:57 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE