ニホニウム
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

コペルニシウム←ニホニウム→フレロビウム

Tl

Nh

Uht








113Nh周期表


外見
不明
一般特性
名称, 記号, 番号ニホニウム, Nh, 113
分類卑金属
, 周期, ブロック13, 7, p
原子量[286]?
電子配置[Rn] 5f14 6d10 7s2 7p1
電子殻2, 8, 18, 32, 32, 18, 3(画像
物理特性
原子特性
その他
CAS登録番号54084-70-7
主な同位体
詳細はニホニウムの同位体を参照

同位体NA半減期DMDE (MeV)DP
278Nhsyn0.34 msα11.68274Rg
282Nhsyn73 msα10.63278Rg
283Nhsyn0.10 sα10.12279Rg
284Nhsyn0.49 sα10.00280Rg
285Nhsyn5.5 sα9.74, 9.48281Rg
286Nhsyn19.6 sα9.63282Rg

表示

ニホニウム(: nihonium)は、原子番号113元素元素記号は Nh。2016年平成28年)11月に正式名称が決定するまでは、暫定的に IUPAC系統的命名法に則りウンウントリウム[注 1]と呼ばれていた。

周期表第13族元素に属し、タリウムの下に位置するため「エカタリウム」と呼ばれることもある。超ウラン元素では比較的長寿命とされ、278Nhの平均寿命は2ミリ秒であることがわかっている[1]


目次

1 歴史

2 同位体

2.1 安定性と半減期


3 命名

3.1 命名権獲得までの経緯

3.2 承認の背景


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:127 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE