ニコン
[Wikipedia|▼Menu]

株式会社ニコン
Nikon Corporation

ニコン本社(品川インターシティC棟)
種類株式会社
市場情報東証1部7731
1949年5月16日上場
本社所在地 日本
〒108-6290
東京都港区港南2-15-3
品川インターシティC棟
設立1917年大正6年)7月25日
(日本光学工業株式会社)
業種精密機器
法人番号5010001008763
事業内容カメラ、半導体製造装置(ステッパー)、顕微鏡、双眼鏡、メガネ、など、光学機器の設計、製造
代表者牛田一雄(代表取締役社長執行役員
岡昌志(代表取締役兼副社長執行役員兼CFO
資本金654億75百万円
発行済株式総数4億0087万8921株
売上高連結:7488億910円
(2017年3月期)
営業利益連結:509億790万円
(2017年3月期)
純利益連結:△71億700万円
(2017年3月期)
純資産連結:5226億9900万円
(2017年3月期)
総資産連結:9972億300万円
(2017年3月31日現在)
従業員数連結:25,163人
(2017年3月31日現在)
決算期3月31日
主要株主日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 7.58%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 7.53%
ジェーピーモルガンチェースバンク380055 6.01%
明治安田生命保険相互会社 5.19%
ステートストリートバンクアンドトラストカンパニー 4.85%
(2012年3月31日現在)
主要子会社(株)ニコンイメージングジャパン 100%
関係する人物長岡正男(第6代社長)
小秋元隆輝(元社長)
更田正彦(元副社長)
鶴田匡夫(元副社長)
苅谷道郎(元取締役会長)
歴代イメージキャラクターの節も参照
外部リンク ⇒株式会社ニコン
テンプレートを表示

株式会社ニコン(: Nikon Corporation)は、日本光学機器メーカー。カメラデジタルカメラ双眼鏡望遠鏡顕微鏡ステッパーメガネ、測定機、測量機、光学素材、ソフトウェアなど光学関連装置の大手メーカーであり、三菱グループの一員。三菱金曜会[1]及び三菱広報委員会[2]の会員企業である[3][4]
目次

1 社名

2 社史

3 事業

3.1 カメラ

3.1.1 カメラ製品

3.1.2 レンズ製品


3.2 天体望遠鏡

3.3 双眼鏡

3.4 顕微鏡

3.5 半導体製造装置


4 子会社

5 歴代イメージキャラクター

6 提供番組(全て過去)

7 脚注・出典

8 参考文献

9 関連項目

10 外部リンク

社名

現在の社名「ニコン(Nikon)」は、元は、戦後に参入した35mmフィルムカメラの商品名ないしブランド名である(ニコンのレンジファインダーカメラ製品一覧#ニコンSシリーズを参照。後続のモデルとの区別のため現代では「ニコンI型」といわれることが多い)。アメリカ合衆国では「ナイコン」と発音されているが[5]、他では「ニコン」の発音が主流である[6]
社史 ニコン大井製作所

1917年大正6年)7月 - 光学兵器の国産化を目的として、東京計器製作所光学部・岩城硝子製造所の反射鏡部門を統合し、岩崎小彌太の個人出資により「日本光學工業株式會社(日本光学工業株式会社、にっぽんこうがくこうぎょう)」を設立。本社は東京計器製作所内。(直後に藤井レンズ製造所を合併)

12月 旧・藤井レンズの技術を承継し、民生用双眼鏡の製造を開始。


1921年(大正10年)1月 - ドイツ人技師8名を招聘し光学技術を向上させる。

1923年(大正12年) - 東京砲兵工廠関東大震災で被災したため、以降は大日本帝国陸軍向け光学兵器の開発も多く担当する。設立当初は大日本帝国海軍系企業として、それまでは主に艦艇用光学兵器を開発していたが、ワシントン海軍軍縮条約の影響で、当時は経営不振となっていた本社の再建に繋がっている。

11月 - 狙撃銃試製眼鏡狙撃眼鏡)試作。


1930年代以降は陸軍造兵廠東京工廠(東京第一陸軍造兵廠)・東京光学機械(現・トプコン)・高千穂光学工業(現・オリンパス)・東京芝浦電気(現・東芝)・富岡光学器械製作所(現・京セラオプテック)・榎本光学精機(現・富士フイルム[7])などとともに主に日本軍の光学兵器を開発・製造する。なかでも陸軍系の企業である東京光学とは軍需光学機器製造の双璧として「陸のトーコー・海のニッコー」とも謳われていた。

1931年昭和6年) - 写真レンズの商標を「ニッコール」(Nikkor)と決定。

1933年(昭和8年) - 分隊長向け九三式双眼鏡開発。低コストかつ小型で優れた双眼鏡として、第二次世界大戦終戦にいたるまで陸軍主力官給双眼鏡となる。

九一式高射装置完成。


1938年(昭和13年)2月 - 九七式狙撃銃九七式狙撃眼鏡制式制定。

1941年(昭和16年)5月 - 九九式狙撃銃・短狙撃銃九九式狙撃眼鏡完成。

倒分像立体視式十五二重測距儀完成、戦艦大和に搭載。


1945年(昭和20年) - 太平洋戦争終結に伴い、主として民生品の生産に転換。6×6cm判二眼レフカメラ、35mm高級カメラの製造を検討。

1946年(昭和21年) - 35mmカメラの名を「ニコン」(Nikon)と決定。後にブランド名となる。

1946年 - 眼鏡レンズ「ポインタール」発売。

1948年(昭和23年) - 「ニコン」(後に「ニコンI」と呼ばれる)を香港に初出荷。画面サイズは24×32mmのいわゆるニホン判。

1950年(昭和25年) - 「ニコンS」を発売。ライフ誌のハンク・ウォーカー(英語版)は、ニッコールを朝鮮戦争の取材に携行、ニューヨーク・タイムズにその優秀性を報告する。

1952年(昭和27年) - ニッコールクラブ設立。

1953年(昭和28年) - 後に多くの日本製カメラを扱うようになるジョセフ・エーレンライク(英語版)が、アメリカ合衆国での販売を担当する。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:53 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE