ナリタブライアン
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ナリタブライアン
1996年3月9日 阪神競馬場(阪神大賞典)
欧字表記Narita Brian
品種サラブレッド
性別
毛色黒鹿毛
白斑星額刺毛鼻梁鼻白[† 1]珠目上[† 2]
生誕1991年5月3日
死没1998年9月27日(8歳没・旧表記)
登録日1993年5月20日
抹消日1996年11月20日
ブライアンズタイム
パシフィカス
母の父Northern Dancer
生国 日本北海道新冠町
生産早田牧場新冠支場
馬主山路秀則
調教師大久保正陽栗東
厩務員村田光雄
競走成績
生涯成績21戦12勝
獲得賞金10億2691万6000円

 勝ち鞍

GI朝日杯3歳ステークス1993年
GI皐月賞1994年
GI東京優駿1994年
GI菊花賞1994年
GI有馬記念1994年


テンプレートを表示

ナリタブライアン(Narita Brian、1991年5月3日 - 1998年9月27日)は、日本競走馬種牡馬中央競馬史上5頭目の三冠馬。「シャドーロールの怪物」と呼ばれた。

1993年8月にデビュー。同年11月から1995年3月にかけてクラシック三冠を含むGI5連勝、10連続連対を達成し、1993年JRA賞最優秀3歳牡馬[† 3]1994年JRA賞年度代表馬および最優秀4歳牡馬[† 3]に選出された。1995年春に故障(股関節)を発症したあとはその後遺症から低迷し、6戦して重賞を1勝するにとどまった(GI は5戦して未勝利)が、第44回阪神大賞典におけるマヤノトップガンとのマッチレースや短距離戦である第26回高松宮杯への出走によってファンの話題を集めた。第26回高松宮杯出走後に発症した屈腱炎が原因となって1996年10月に競走馬を引退した。競走馬を引退したあとは種牡馬となったが、1998年9月に破裂を発症し、安楽死の措置がとられた。

半兄1993年JRA賞年度代表馬ビワハヤヒデがいる。1997年日本中央競馬会 (JRA) の顕彰馬に選出[1]

馬齢は旧表記に統一する。


目次

1 生涯

1.1 誕生・デビュー前

1.2 競走馬時代

1.2.1 3歳(1993年)

1.2.1.1 競走内容

1.2.1.2 気性面の問題と対策


1.2.2 4歳(1994年)

1.2.2.1 競走内容

1.2.2.2 幻に終わったビワハヤヒデとの兄弟対決


1.2.3 5歳(1995年)

1.2.3.1 競走内容

1.2.3.2 股関節炎発症とその後遺症


1.2.4 6歳(1996年)

1.2.4.1 競走内容

1.2.4.2 屈腱炎発症・引退



1.3 競走成績

1.4 引退後

1.4.1 種牡馬となる

1.4.2 胃破裂により死亡


1.5 死後

1.6 種牡馬としてのナリタブライアン

1.6.1 種牡馬成績

1.6.2 主な産駒

1.6.3 母の父としての主な産駒



2 評価・特徴

2.1 身体面に関する特徴・評価

2.2 精神面に関する特徴・評価

2.3 レーススタイルに関する特徴・評価

2.4 競走能力に関する評価

2.5 競走馬名および愛称・呼称

2.6 投票・フリーハンデにおける評価


3 ローテーションを巡る批判

3.1 3歳時のローテーションに関して

3.2 天皇賞(秋)出走に関して

3.3 高松宮杯出走に関して


4 血統構成

4.1 血統表

4.2 近親


5 脚注

5.1 注釈

5.2 出典


6 参考文献

7 外部リンク


生涯[ソースを編集]
誕生・デビュー前[ソースを編集]

ナリタブライアンは1991年5月3日北海道新冠町にある早田牧場新冠支場で誕生した。


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:218 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE