ナラティブセラピー
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

ナラティブセラピー
治療法
MeSHD062525
[ウィキデータを編集]

ナラティブセラピー(物語療法、英語: Narrative therapy)とは、社会構成主義ポストモダンの影響を受けて練磨されつつある精神療法の一種である。治療者とクライエントの対等性を旨とし、クライエントの自主性に任せて自由に記憶を語らせることによって、単なる症状の除去から人生観の転換に至るまで、幅広い改善を起こさせることを目的とするもの。PTSDアダルトサヴァイヴァーの治療に広く用いられる。


目次

1 歴史

1.1 発祥

1.2 定式化

1.3 発展


2 方法

2.1 第1段階:安全確保と自己管理

2.1.1 症状の管理

2.1.1.1 症状の再帰性と再犠牲者化

2.1.1.2 再帰性と再犠牲者化

2.1.1.3 安全な場の確保


2.1.2 行動修正

2.1.3 犠牲者自己の認知


2.2 第2段階:外傷体験の統合

2.2.1 過去の開示

2.2.2 体験の統合

2.2.3 サヴァイヴァー自己の獲得


2.3 第3段階:人間関係の再構築

2.3.1 安全感の再確認

2.3.2 サヴァイヴァー自己の超越

2.3.3 親密性の獲得

2.3.4 信頼と信頼感の獲得

2.3.5 個性的自己の獲得



3 理論的特徴と批判

3.1 ナラティブベイスドと社会構成主義

3.2 物語とセラピー

3.3 治療者と被治療者の平等


4 関連項目

5 参考文献


歴史
発祥

起源としては、「精神的に苦しんでいる人の話を聴いてあげる」というかたちで、精神療法として正式に名づけられるよりも先に、古くから人間社会のなかで自然に存在したと思われる。
定式化

定式化された精神療法としては、19世紀末のジークムント・フロイトによるお話し療法除反応自由連想法、また同時代のブロイアーによるカタルシス療法などが創成期のものである。

一般には、自由連想法こそがナラティブセラピーの原点のように考えられているきらいもあるが、治療者の誘導よりも患者の主体性と意思が尊重される点では、お話し療法や、のちのユング派の分析心理学などに近いとも言える。むしろ、クライエントが自発的な心構えを準備してセラピーに臨み、能動的想像法の要素も色濃い「体験を回想し物語る」という行為は、20世紀前半に入ってフロイト派精神分析に、ユング派分析心理学がたぶんに融合して生成してきたと考えるべきである。
発展

20世紀後半に入って、アメリカにおいてベトナム戦争後のASD被害者や、家庭内暴力性的虐待を受けた被害者のPTSD治療の技法として、またアルコール依存症をはじめとした各種の嗜癖に悩む人々の自助グループのミーティングなどにおいて、さらにポストモダニズムなどを背景とした新しい医学思想の流れを汲みながら家族療法の分野から出ていた概念として、飛躍的に展開と発達を遂げ現在にいたる。
方法

この療法は次の三つの段階を経て行なわれる。
第1段階:安全確保と自己管理

最初の段階の治療テーマは「症状の管理」、「行動修正」、「犠牲者自己の認知」と要約される。
症状の管理
症状の再帰性と再犠牲者化


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:37 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE