ナポレオン・ボナパルト
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年4月)

「ナポレオン」はこの項目へ転送されています。その他の用法については「ナポレオン (曖昧さ回避)」をご覧ください。

ナポレオン・ボナパルト
(ナポレオン1世)
Napoleon Ier
フランス人民の皇帝
玉座のナポレオン1世
アングル画、1806年軍事博物館蔵)
在位1804年5月18日 - 1814年4月11日
1815年3月20日 - 1815年6月22日
戴冠1804年12月2日パリ・ノートルダム大聖堂
別号イタリア国王アンドラ大公
全名ナポレオン・ボナパルト
Napoleon Bonaparte
出生1769年8月15日
フランス王国コルシカ島アジャクシオ
死去 (1821-05-05) 1821年5月5日(51歳没)
イギリスセントヘレナ島ロングウッド
埋葬1952年2月15日
フランスパリオテル・デ・ザンヴァリッド
配偶者ジョゼフィーヌ・ド・ボアルネ
 マリー・ルイーズ・ドートリッシュ
子女ナポレオン2世
レオン伯シャルル
アレクサンドル・ヴァレフスキ
王朝ボナパルト朝
父親シャルル・マリ・ボナパルト
母親マリア・レティツィア・ボナパルト
宗教ローマ・カトリック
サイン
テンプレートを表示
ダヴィッドベルナール峠からアルプスを越えるボナパルト ナポレオン一世皇家の紋章

ナポレオン・ボナパルト(フランス語: Napoleon Bonaparte、1769年8月15日 - 1821年5月5日)または、省略して、ナポレオンは、革命期のフランス軍人政治家である。ナポレオン1世(フランス語: Napoleon Ier、在位:1804年 - 1814年1815年)としてフランス第一帝政皇帝にも即位した。

フランス革命後の混乱を収拾して軍事独裁政権を樹立した。大陸軍(グランダルメ)と名付けた巨大な軍隊を築き上げてナポレオン戦争を引き起こし、幾多の勝利と婚姻政策によって、イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたが、最終的には敗北して失脚した。
目次

1 生涯

1.1 生い立ち

1.2 軍人レオ

1.3 若き英雄

1.4 統領ナポレオン

1.5 ハイチ革命

1.6 皇帝ナポレオン

1.7 絶頂期

1.8 帝国崩壊へ

1.9 百日天下とその後


2 死因をめぐる論議

3 評価と影響

4 功績

5 語録

5.1 その他の語録


6 逸話

6.1 ヘーゲル

6.2 ベートーヴェンの「英雄」

6.3 その他の逸話

6.4 ナポレオンの健康面


7 関係者

7.1 ナポレオンの家族・妻・愛人

7.2 第一帝政期の元帥


8 関連書籍

8.1 古い関連書籍


9 ナポレオンを扱った作品

9.1 映画

9.2 演劇

9.3 書籍

9.4 ゲーム

9.4.1 トランプ

9.4.2 ボードゲーム

9.4.2.1 アブストラクトゲーム

9.4.2.2 ウォーゲーム


9.4.3 コンピュータゲーム



10 脚注


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:231 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE