ドメイン_(分類学)
[Wikipedia|▼Menu]

この記事は検証可能参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年12月)

生物ドメイン界(かい)門(もん)綱(こう)目(もく)科(か)属(ぞく)種(しゅ)

生物分類学におけるドメイン(: domainドメイン、: regioレギオー)とは、よりも上の、最も高いランクの階級である。この階級における分類は、基礎的なゲノムの進化の違いを反映して行われる。3ドメイン説においては、真核生物ドメイン、細菌ドメイン、古細菌ドメインの3つのタクソンがこの階級に位置づけられる[1]日本語では、中国語に由来する「域」あるいはregio/domainを直訳した「領域」と呼ばれることもある。

この項目では、ドメインと同程度、あるいは代替となる階級についても扱う。empire(エンパイアー)、superkingdom(スーパーキングダム)と呼ばれるものがそれで、それぞれ日本語では帝国、上界、ラテン語ではimperium(インペリウム)、superregnum(スペッレグヌム)が充てられる。

この階級の新設は、これまでの分類の最も高い階層である界が本来は植物動物を分けるために設定されたものであったことに由来する。様々な生物の発見により界は徐々に増加したが、原核生物についての研究が進むにつれ、植物と動物の差よりも原核生物内部の多様性の方が遥かに大きいことが分かってきため、界より上のランクを設定した方がよい、との判断が生まれてきたことによる。古細菌の発見がこれを後押しした。
目次

1 3ドメイン説

1.1 細菌

1.2 真核生物

1.3 古細菌


2 3ドメイン説以外の分類

3 出典

3ドメイン説 生物を対象にした進化系統樹の1例。赤の枝(Archaea)が古細菌。扇形の中心で、枝が集束している部分が全生物の共通祖先。真正細菌(左側の青色部分;Bacteria)と古細菌が系統的に離れた存在であることが示されている。

現在主流の3ドメイン説では、生物全体を細菌真核生物古細菌の3つに大別する。1990年にカール・ウーズが提唱した。
細菌

バクテリアともいう。sn-グリセロール3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。大腸菌枯草菌シアノバクテリアなどを含む。
真核生物

身体を構成する細胞の中に細胞核と呼ばれる細胞小器官を有する生物である。動物植物菌類原生生物などを含む。
古細菌

sn-グリセロール1-リン酸のイソプレノイドエーテルより構成される細胞膜に特徴付けられる生物である。メタン菌高度好塩菌・好熱好酸菌・超好熱菌など、極限環境に生息する生物を含む。
3ドメイン説以外の分類

生物の最高ランクの分類は、基礎的なゲノムの進化の違いや細胞の基本的な構造に基づいて行われており、前提となる系統樹の違いにより異なる分類方法が提唱されている。例えば次のようなものがある。

2帝説 - 生物全体を
原核生物細菌古細菌が含まれる)と真核生物の2つに分ける。現在はネオムラ説などがある。

2ドメイン説 - 生物全体を細菌と古細菌(真核生物も含む)に分ける。エオサイト説などがある[2][3][4]

出典^ Woese, C.R., Kandler, O., Wheelis, M.L. (1990). "Towards a natural system of organisms: proposal for the domains Archaea, Bacteria, and Eucarya". Proc Natl Acad Sci U S A 87 (12): 4576?9.
^ Archibald, John M. (2008年12月23日). ⇒“The eocyte hypothesis and the origin of eukaryotic cells”. PNAS 105 (51): 20049?20050. ⇒http://www.pnas.org/content/105/51/20049.full
^ Lake, James A.; Henderson, Eric; Oakes, Melanie; Clark, Michael W. (1984年6月). ⇒“Eocytes: A new ribosome structure indicates a kingdom with a close relationship to eukaryotes”. PNAS 81: 3786?3790. ⇒http://www.pnas.org/content/81/12/3786.short
^ Williams, Tom A.; Foster, Peter G.; Cox, Cymon J.; Embley, T. Martin (2013年12月). ⇒“An archaeal origin of eukaryotes supports only two primary domains of life”. Nature 504 (7479): 231?236. doi:10.1038/nature12779. PMID 24336283. ⇒http://www.nature.com/nature/journal/v504/n7479/full/nature12779.html

この項目は、生物学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますプロジェクト:生命科学Portal:生物学)。


更新日時:2018年9月25日(火)13:36
取得日時:2018/10/15 03:12


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:10 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE