ドイツ連邦議会
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ドイツ連邦議会
Deutscher Bundestag

種類
種類ドイツ議会下院
任期制限4年
歴史
前身国会 (ナチス・ドイツ)(英語版)
人民議会
役職
議長ヴォルフガング・ショイブレキリスト教民主同盟)、
2017年10月24日より現職
副議長

トマス・オッペルマン(ドイツ社会民主党

ハンス=ペーター・フリードリヒ(キリスト教社会同盟

ヴォルフガング・クビッキ(自由民主党

ペトラ・パウ(左翼党

クラウディア・ロート左翼党

構成
定数709[1]

院内勢力

与党 (399)  キリスト教民主同盟 (200)  社会民主党 (153)  キリスト教社会同盟 (46)

野党 (310)
     ドイツのための選択肢 (94)  自由民主党 (80)  左翼党 (69)  同盟90/緑の党 (67)
選挙
選挙制度小選挙区比例代表併用制
前回選挙2017年9月24日
議事堂


ドイツ
ベルリンミッテ区
国会議事堂
ウェブサイト
Deutscher Bundestag
脚注
^ 法定定数は598。

ドイツ連邦議会(ドイツれんぽうぎかい、ドイツ語: Deutscher Bundestag)は、国民から選挙される議員から成るドイツ連邦共和国議会


目次

1 概要

2 議会の沿革

3 選挙制度

4 政党と議席数

5 権限

6 関連項目

6.1 歴史的なドイツの議会


7 外部リンク


概要

任期4年。ドイツではこの連邦議会と各州政府の代表から構成される連邦参議院二院制をとっている。立法機関としては地位も権能も国民の直接選挙で選ばれる連邦議会に優位がおかれ、このためにドイツの国会は一院制と見ることもできる。国会議事堂内は連邦議会の議場のみ所在し、上院に相当する連邦参議院の議場は、この国会議事堂になく、旧プロイセン貴族院 (Preusisches Herrenhaus) に置かれている。
議会の沿革

神聖ローマ帝国時代に諸侯会議 (Reichstag、ライヒスターク) が設置される。この頃は現在の意味の議会の機能を有するものではなかった。

1815年のドイツ連邦時代に初めて連邦議会 (Bundestag des Deutschen Bundes、ブンデスターク) という名称が使用される。
詳細は「帝国議会 (ドイツ帝国)」、「国会 (ヴァイマル共和政)(英語版)」、および「国会 (ナチス・ドイツ)(英語版)」を参照

1867年に始まる北ドイツ連邦時代に再び国会 (Reichstag、ライヒスターク) に戻される。

1871年ドイツ国が成立すると国会 (Reichstag) はそのまま承継されて、その後ヴァイマル共和政ナチス・ドイツ時代までこの名称で存続した。

1949年ドイツ連邦共和国(西ドイツ)が成立し、ドイツ連邦議会 (Deutscher Bundestag) は、再統一までの臨時的な首都ボンに議場を設けた。

1990年再統一後、1999年に、ベルリン国会議事堂の大改修が完了し、ドイツ連邦議会はベルリンの同議事堂へ移転した。

選挙制度

ドイツ連邦議会は小選挙区比例代表併用制を採用している。


ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:29 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE