ドイツ語
◇ピンチです!◇
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ドイツ語

Deutsch
発音
IPA: [d???]
話される国ドイツスイスオーストリアとその他38カ国
地域ヨーロッパアフリカ南部など
話者数約1億3000万人
話者数の順位10-11
言語系統インド・ヨーロッパ語族

ゲルマン語派

西ゲルマン語群

ドイツ語



公的地位
公用語 ドイツ
 オーストリア
スイス(ドイツ語圏)
リヒテンシュタイン
ルクセンブルク
 ベルギー
トレンティーノ=アルト・アディジェ州イタリア
アルザス地方フランス
ロレーヌ地方(フランス)
言語コード
ISO 639-1de
ISO 639-2ger (B)
deu (T)
ISO 639-3各種:
deu ? 標準ドイツ語
gmh ? 中高ドイツ語
goh ? 古高ドイツ語
gsw ? スイスドイツ語
swg ? シュヴァーベン語
gct ? ベネズエラドイツ語
wae ? ヴァルザー語
bar ? バイエルン・オーストリア語
yid ? イディッシュ語
mhn ? モケーノ語
nds ? 低ザクセン語
sxu ? 上ザクセン語
cim ? キンブリ語
sli ? 低シレジア語
wep ? ヴェストファーレン語
pdt ? メノナイト低地ドイツ語
pfl ? プファルツ語
vmf ? マイン=フランケン方言
ksh ? ケルン語

テンプレートを表示

ドイツ語(ドイツご、独:Deutsch、deutsche Sprache)は、インド・ヨーロッパ語族ゲルマン語派西ゲルマン語群に属する言語である。

話者人口は約1億3000万人、そのうち約1億人が第一言語としている[1]。漢字では独逸語と書き、一般に独語あるいは独と略す。ISO 639による言語コードは2字が de、3字が deu である。

現在インターネットの使用人口の全体の約3パーセントがドイツ語であり、英語中国語スペイン語日本語ポルトガル語に次ぐ第6の言語である。ウェブページ数においては全サイトのうち約6パーセントがドイツ語のページであり、英語に次ぐ第2の言語である[2]EU圏内では、母語人口は域内最大(ヨーロッパ全土ではロシア語に次いで多い)であり、話者人口は、英語に次いで2番目に多い[3]。 しかし、歴史的にドイツ、オーストリアの拡張政策が主に欧州本土内で行われたこともあり、英語フランス語スペイン語のように世界語化はしておらず、基本的に同一民族による母語地域と、これに隣接した旧支配民族の使用地域がほとんどを占めている。上記の事情と、両国の大幅な領土縮小も影響して、欧州では非常に多くの国で母語使用されているのも特徴である。


目次

1 ドイツ語圏

1.1 ドイツ語を公用語としている国

1.2 公用語ではないが、ドイツ語が使用されている地域


2 方言

2.1 中部・南部方言(高地ドイツ語 Hochdeutsch)

2.2 北部方言(低地ドイツ語 Niederdeutsch)


3 歴史

4 英語との異同

5 日本との関係

5.1 日本におけるドイツ語の影響

5.2 日本におけるドイツ語学習


6 文字

7 数体系

8 音韻

9 文法

10 表現

11 脚注

12 関連項目

13 外部リンク


ドイツ語圏
ドイツ語を公用語としている国

ドイツ

 オーストリア

リヒテンシュタイン

ルクセンブルク(他にルクセンブルク語(ドイツ語の方言)、フランス語と併用)

以上の4か国は国民のほとんどをドイツ語の母語話者が占めている。

スイス(他にイタリア語フランス語ロマンシュ語

スイスにおいてはドイツ語話者は全人口の64%を占め、スイス最大の言語集団となっている。ドイツ語はベルンチューリヒを中心とする国土の中央部および東部で広く話されている。

 ベルギー(他にフランス語オランダ語

ベルギーにおけるドイツ語話者は人口の1%を下回り、全く一般的な言語ではない。しかし、ベルギーにおけるドイツ語話者は1919年ヴェルサイユ条約によってドイツから割譲されたベルギー東端の地域に集中しているため、独自の言語共同体であるドイツ語共同体を持ち、フランス語、オランダ語とともに独自の言語共同体を持つ3つの言語のひとつとなっている。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:77 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE