ドイツ再統一
[Wikipedia|▼Menu]
1990年のドイツ再統一

ドイツ再統一(ドイツさいとういつ、ドイツ語: Deutsche Wiedervereinigung、英語: German reunification)は、1990年10月3日ドイツ連邦共和国(Bundesrepublik Deutschland、「西ドイツ」)にドイツ民主共和国(Deutsche Demokratische Republik、「東ドイツ」)が編入された出来事である。東西ドイツ統一、東西ドイツの統一、ドイツの東西統一などとも呼ばれる。
目次

1 呼称

1.1 「ドイツ再統一」という表現の法的な問題点


2 ベルリンの壁崩壊から再統一までの経過

3 再統一後の問題点

4 脚注

5 関連項目

6 外部リンク

呼称 共産主義式国章が切り取られ、穴が開いている東ドイツの国旗 看板「ここは、ドイツとヨーロッパが、1989年12月10日10時15分まで分断されていた所です。」

一般的な日本語文献・報道においては、直近のこの東西ドイツ統一のことを単に「ドイツ統一」と呼ぶことも多いが、ドイツ史の歴史的文脈における歴史用語・政治用語としては、ドイツ統一とは現代のドイツという主権国家の枠組みそのものの出発点としてより重要視されるドイツ帝国の成立(1871年1月18日)に至る運動を指しており、1990年の出来事については用語上「ドイツ再統一」として明確に区別されている。
「ドイツ再統一」という表現の法的な問題点

西ドイツは建国以来「憲法(Verfassung)」を持たず、「基本法(Grundgesetz)」をもって憲法に代えていた。その理由は、「やがて東ドイツを含めて統一する暁に初めて憲法を持つことにする」との意志を持っていたからで、このことは基本法146条に明記されていた。

しかし、実際に東ドイツが1989年ベルリンの壁崩壊に始まる自壊現象を起こしてしまうと(→東欧革命)、西ドイツはこの基本法上の規定を無視して、新たな州の「加盟」を認める基本法第23条の手続き[1]を利用して、東ドイツにある5つの州[2]および都市州ベルリンが西ドイツ(「連邦」共和国)に新たに「加盟」するという形式で国家統一を成し遂げた。そのため厳密に言えば、法的にはドイツは「再統一」したのではなく、西ドイツが東ドイツを自国に「編入」した、あるいは東ドイツ地域の各州がドイツ連邦共和国に「加盟」したとしか言えず、この点をマスメディアは「東ドイツは西ドイツに買い取られた」ものと報道している。

また、このことは再統一に至る過程において、憲法ないし基本法そのものをめぐる議論の機会が欠如していたことを意味しており、憲法をめぐる国民的議論を経た上で新国家を樹立すべきだったとの批判も存在する[3]
ベルリンの壁崩壊から再統一までの経過

東欧革命

ポーランド民主化運動
ハンガリー民主化運動
汎ヨーロッパ・ピクニック
ベルリンの壁崩壊
ドイツ再統一
ビロード革命
ルーマニア革命











ドイツの歴史

この記事はシリーズの一部です。
先史時代

ゲルマン人 
民族移動時代4C-8C

中世

フランク王国481-887
東フランク王国843-10C
神聖ローマ帝国962-1806
 • ザクセン朝919-1024
 • ザーリアー朝1024-1125
 • ホーエンシュタウフェン朝1137-1254
 • 大空位時代1254-1273
 • 選挙王制1273-1438
 • ハプスブルク朝1438-1806
東方植民12C-14C
 • チュートン騎士団1198-

近世

宗教改革16C
三十年戦争1618-1648
プロイセン 
 • ブランデンブルク選帝侯領 1157-1806
 • プロシア公領 1525-1618
 • ブランデンブルク=プロイセン1618-1701
 • プロイセン王国1701-1918

ドイツ統一

ライン同盟1806-1813
ドイツ連邦1815-1866
 • 関税同盟1833-
 • 1848年革命1848
北ドイツ連邦1867-1871

ドイツ国

帝政ドイツ1871-1918
ヴァイマル共和政1918-1933
 • 国連管理地域ザール1920-1935
 • 自由都市ダンツィヒ1920-1939
 • ズデーテン地方 
ナチス・ドイツ1933-1945
フレンスブルク政府1945

冷戦

連合国軍政期1945-1949
 • 西側諸国占領地域 
 • フランス保護領ザール1947-1956
 • ソ連占領地域 
 • 旧東部領土 
 • ドイツ人追放 
西ドイツ1949-1989
 • 西ベルリン 
東ドイツ1949-1989
ドイツ再統一1989

再統一後のドイツ
関連項目
オーストリアの歴史
ドイツ ポータル
· 話 · 編

1989年


11月9日 - ベルリンの壁が崩壊する。

12月1日 - 東ドイツ憲法第1条からドイツ社会主義統一党(SED)による国家の指導を定めた条項が削除され、SEDの一党独裁制が終焉。

1990年


3月18日 - 東ドイツにて自由選挙が実施され、ドイツ統一を主張する保守連合「ドイツ連合」が勝利する。

5月5日 - 東西ドイツとの6ヶ国外相会議が開催される。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:23 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE