ドイツの首相
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

ドイツの首相(ドイツのしゅしょう)は、ドイツにおける行政府の長である。


目次

1 名称

2 呼称と変遷

2.1 語源と由来

2.2 帝政ドイツ

2.3 ヴァイマル共和政

2.4 ナチス・ドイツ

2.5 東西分裂と再統一

2.6 諸外国での表現


3 歴代ドイツ首相

3.1 帝政ドイツ

3.2 ヴァイマル共和政

3.3 ナチス・ドイツ

3.4 ドイツ民主共和国(東ドイツ)「閣僚評議会議長」

3.5 ドイツ連邦共和国(西ドイツ→再統一ドイツ)「連邦首相」


4 注釈

5 関連項目


名称

本項では1871年ドイツ統一から現在に至るまでのドイツの首相について解説する。この間にドイツがたどった国家形態の名称と首相の呼称は以下の通り。

ドイツ国 Deutsches Reich (1871年?1945年
Reichskanzler(日本では以下の政治体制ごとに以下の訳を当てていることが多い)

帝政ドイツ1871年?1918年):帝国宰相

ヴァイマル共和政1918年?1934年):首相

ナチス・ドイツ1934年?1945年):指導者兼首相(総統:Fuhrer und Reichskanzler)


ドイツ民主共和国 Deutsche Demokratische Republik (1949年?1990年
Vorsitzende des Ministerrates:閣僚評議会議長(1968年?1989年)Ministerprasident:首相(1949年?1968年1990年

ドイツ連邦共和国 Bundesrepublik Deutschland (1949年?)
Bundeskanzler:連邦首相
呼称と変遷
語源と由来

「ドイツ」の首相の呼称にはどれにも「-kanzler」という語が含まれている(共産主義政権の旧東ドイツを除く)。この Kanzler(カンツラー、英語: chancellor )というのは古フランス語の chancelier が語源で、本来は「宮廷や法廷の門衛、案内役、事務員、秘書官」などをさす語だった。神聖ローマ帝国初期のドイツでは、学識を有する聖職者が宮廷文書の管理などを通じて帝国行政に関与しており、司教はその長として「書記官長」(Kanzler)と呼ばれていた。

中世になると、マインツ大司教ケルン大司教トリーア大司教の三司教は選帝侯を兼ねて世俗諸侯と肩を並べるほど強力になった。のちにこれが帝国の最高官職である、帝国内の各3王国(ドイツ、イタリアおよびブルグント)の大書記官長(Erzkanzler)に任じられるようになると、この三司教は、それぞれ、「ドイツ大書記官長」(Erzkanzler durch Germanien)、「イタリア大書記官長」(Erzkanzler durch Italien)、「ガリア=ブルグント大書記官長」(Erzkanzler durch Gallien und Burgund)と称するようになった。

こうした大書記官長の中には、事実上の宰相として皇帝の政務を補佐したり、事実上の摂政として幼少の皇帝に代わって国政を担当した者もいたが、1356年金印勅書でマインツ大司教が皇帝選挙の主催者とされ、選帝侯の筆頭に位置づけられると、これ以後「Erzkanzler durch Germanien」は「ドイツ(神聖ローマ帝国)の宰相」を意味する語としてドイツ語圏に定着した。
帝政ドイツ初代帝国宰相
オットー・フォン・ビスマルク

近世になると、帝国内のプロイセン王国オーストリア大公国の宰相にも Staatskanzler(領国宰相)という呼称が用いられるようになった。

1867年にプロイセン主導で北ドイツ連邦が成立すると、ビスマルクは自らその首相に就いて「Bundeskanzler(連邦宰相)」と称した。1871年に「ドイツ国(Deutsches Reich:帝政ドイツ)」が成立すると、今度は 「Reichskanzler(帝国宰相)」として以後19年間政界に君臨し、ドイツを列強の一つに押し上げた。
ヴァイマル共和政

1918年第一次世界大戦の敗北によって帝政が崩壊し、ドイツは共和政となった。


ご協力下さい!!
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:61 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE