テスラ_(会社)
[Wikipedia|▼Menu]

テスラ
Tesla, Inc.


種類公開会社
市場情報NASDAQ: TSLA
NASDAQ-100 Component
本社所在地 アメリカ合衆国
カリフォルニア州パロアルト
北緯37度23分39.04秒 西経122度8分59.52秒 / 北緯37.3941778度 西経122.1498667度 / 37.3941778; -122.1498667座標: 北緯37度23分39.04秒 西経122度8分59.52秒 / 北緯37.3941778度 西経122.1498667度 / 37.3941778; -122.1498667
設立2003年7月1日(15年前) (2003-07-01)
業種輸送用機器
代表者イーロン・マスク会長CEO
J・B・ストラウベル(CTO
ディーパック・アフジャ(CFO
売上高 117億6000万ドル(2017年)
営業利益 -16億3000万ドル(2017年)
純利益 -22億4000万ドル(2017年)
純資産 42億4000万ドル(2017年)
総資産 286億6000万ドル(2017年)
従業員数37,543(2017年)
主要部門電気自動車
ソーラーパネル
主要子会社ソーラーシティ
Tesla Grohmann Automation
関係する人物マーティン・エバーハード(創業者)
マーク・ターペニング(創業者)
イアン・ライト(創業者)
イーロン・マスク(創業者)
J・B・ストラウベル(創業者)
外部リンクTesla.com
テンプレートを表示

テスラ(: Tesla, Inc.、NASDAQ: TSLA)は、アメリカ合衆国シリコンバレーを拠点に、バッテリー式電気自動車と電気自動車関連商品、ソーラーパネル等を開発・製造・販売している自動車会社である[1]。本社所在地はカリフォルニア州パロアルトであり、社名は電気技師であり物理学者であるニコラ・テスラにちなむ[2]
目次

1 資金調達と組織

2 製品

2.1 電気自動車

2.1.1 テスラ・ロードスター

2.1.2 モデルS

2.1.3 モデルX

2.1.4 モデル3

2.1.5 計画中のモデル


2.2 電力システム

2.2.1 住宅太陽電池パネル

2.2.2 ソーラールーフ

2.2.3 パワーウォール

2.2.4 パワーパック



3 スーパーチャージャー

4 デスティネーションチャージング

5 施設

5.1 ヨーロッパ

5.2 アジア

5.3 アメリカ合衆国

5.4 サービス拠点/ショールーム


6 日本導入

7 協力会社

7.1 テスラ・エネルギー・グループ

7.2 パナソニック

7.3 ダイムラー

7.4 トヨタ自動車


8 訴訟

9 呼称

10 取締役会

11 脚注

12 外部リンク

資金調達と組織 Corporate headquarters in San Carlos, CA

750万米ドルを調達した第一回シリーズA投資ラウンドは、2004年4月にPayPal共同設立者イーロン・マスクによって主導され、Compass Technology Partnersが参加した。南アフリカ生まれの起業家、イーロン・マスクはテスラモーターズの取締役会長に就任し、2005年2月には1300万米ドルを調達したテスラモーターズの第二回シリーズB投資ラウンドを主導した。この資金提供チームにはValor Equity Partnersが参加した。マスクはVantagePoint Venture Partnersと共同で2006年3月4000万米ドルを調達した第三回シリーズC投資ラウンドを主導した。テスラモーターズの第三回投資ラウンドは、Google共同設立者であるサーゲイ・ブリンラリー・ペイジ、元eBay社長ジェフリー・スコールハイアット相続人ニコラス・プリツカーなどの著名な企業家からの出資を含み、またベンチャーキャピタル会社のDraper Fisher Jurvetson、Capricorn Management、およびJPモルガン・チェース管理のThe Bay Area Equity Fundを加えた[1]

2007年5月の第4回シリーズD投資ラウンドは4500万米ドルを追加し、民間金融で1億500万米ドル以上の総投資をもたらした。2008年5月の第五回シリーズE投資ラウンドは4000万米ドルを追加した。イーロン・マスク(eBayに買収される前のPayPal社長)はテスラモーターズに個人資金の7000万ドルを提供した。2009年1月までには、テスラモーターズは1億8700万米ドルを集め、また147台の車両を納入した[3][4]

2007年8月、Martin Eberhardの後任に暫定CEOのMichael Marksが就任した[5]。2007年12月、Ze'ev Droriがテスラモーターズの常任CEOと社長に就任した。2008年1月、テスラモーターズは新CEOによる勤務評価の後、創業時からの数名の幹部を解雇した[6]。イーロン・マスクによれば、2007年には制御しきれなかった資金の回転率を下げるため、テスラモーターズは約10%の従業員を減少せざるを得なかった[3]。2008年10月、会長のイーロン・マスクはCEOとしてZe'ev Droriを引き継いだ。Droriは副会長になり、取締役会に残留した。

2010年1月7日、テスラ・モーターズとパナソニックは共同で電気自動車用の次世代バッテリーを開発すると発表した。テスラ・モーターズの最新型のバッテリーパックに、パナソニックのリチウム・イオン・バッテリーを採用する。

2010年5月20日、テスラ・モーターズはトヨタ自動車電気自動車の分野における共同開発を行う業務提携契約を結ぶことを発表した。現在は使われていないカリフォルニア州NUMMIの工場を利用し、数千人の雇用を生み出すことが期待された。この契約にはトヨタ側がテスラの株を5000万ドル分買い取ることも含まれた[7]。しかし協業は進展せず、2014年にはトヨタがテスラ株式を一部売却。トヨタによると、残りの株式も2016年末までにすべて市場で売却した。[8]

2018年9月29日、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が誤ったツイートで投資家を惑わせたとして米証券取引委員会(SEC)に提訴された問題で、マスク氏は罰金2000万ドル(約22億円)を支払ってSECとの和解に応じ、会長職を退くことに同意した。[9]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:74 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE