テイルズ_オブ_レジェンディア
[Wikipedia|▼Menu]

テイルズ オブ レジェンディアジャンルロールプレイングゲーム
対応機種PlayStation 2
開発元ナムコ
(現・バンダイナムコエンターテインメント
チーム・メルフェス
発売元ナムコ
プロデューサー豊田淳
ディレクター貞弘雄一郎
シナリオRomancework(田中豪松元弘毅
音楽椎名豪
美術中澤一登(キャラクターデザイン)
シリーズ『テイルズ オブ』 シリーズ
人数1人
メディアDVD-ROM 1枚
発売日
2005年8月25日(通常版)[1]
2006年6月8日(廉価版)[1]
2005年10月11日[2]
2006年2月7日[3]
対象年齢CERO:全年齢対象(通常版) / CERO:A(全年齢対象)(廉価版)
売上本数出荷本数:
39.7万本[4]
37万本[5]
売上本数:
346,364本[6]
テンプレートを表示

『テイルズ オブ レジェンディア』(TALES OF LEGENDIA、略称[7]:TOL / レジェンディア)は、ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)から2005年8月25日に発売されたPlayStation 2RPG『テイルズ オブ』シリーズのマザーシップタイトル(本編作品)第7作目で、シリーズ内で作品ごとに掲示されるジャンル名称は「絆が伝説を紡ぎだすRPG」[8]

開発はこれまでのシリーズとは異なるスタッフにより新規に編成されたプロジェクトチーム・メルフェスにより行われ、様々な違いから従来作とは全体的な雰囲気を異なるものとしている[9]。ストーリーは「絆」をテーマとしており、街や遺跡を有し島ほどの大きさを持つ巨大な船「遺跡船」を舞台に、主人公の少年セネルがヒロインの少女シャーリィを巡る勢力同士の戦いや2つの種族の対立を描く「メインシナリオ」全7章と、セネルおよびシャーリィ以外のパーティーキャラクターたちに焦点を当てた物語「キャラクタークエスト」全6話が展開される。戦闘システムはこれまでと同じくアクションゲームのような操作性だが、本作ではアクションが苦手でも簡単に楽しめるシンプルなものとなっている[9]


目次

1 システム

1.1 戦闘

1.2 料理

1.3 称号

1.4 グレードシステム・衣装変更


2 世界観・設定

3 ストーリー

3.1 メインシナリオ(第1章 - 第4章)

3.2 メインシナリオ(第5章 - 第7章)

3.3 キャラクタークエスト


4 登場キャラクター

4.1 パーティーキャラクター

4.2 水の民

4.3 その他のキャラクター

4.4 敵キャラクター


5 開発・スタッフ

5.1 音楽

5.1.1 劇中歌



6 プロモーション

7 評価

8 関連作品

8.1 漫画

8.2 小説

8.3 ドラマCD


9 関連商品

9.1 サウンドトラック

9.2 メモリーカード

9.3 攻略本


10 他のシリーズ作品との関連

11 注釈

12 出典

13 参考文献

14 外部リンク


システム

ストーリーは「目的地への移動」・「敵との戦闘」・「辿り着いた場所で起こるイベント」の3つを繰り返しながら進行する。戦闘シーンやフィールドなどのグラフィックは3Dで描かれており、移動中・戦闘中のキャラクターのグラフィックは4頭身ほどにデフォルメされている。メインシナリオをクリアするとキャラクタークエストに移行し、各地の宝箱の中身が一新され、街では既存のアイテムを組み合わせ新たなアイテムを作り出す「合成屋」や、敵と戦い勝利することで賞金・賞品が得られる「闘技場」がオープンする。ストーリーの進行具合は登場人物たちが付けている日記という設定の「あらすじ」で確認できる。イベントは通常、上記のデフォルメされたグラフィックで進行するが、専用の画面上にて通常の頭身のイラストで表現される「イベントスキット[10]」が挿入されることがある(従来のように自発的に発生させ、キャラクター同士の雑談を楽しむためのスキットは本作では「フリースキット」と呼ばれ[11]、発生の条件が限定されている[12]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:191 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE