ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら
ご協力下さい!!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

ポータル クラシック音楽

『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』(: Till Eulenspiegels lustige Streiche)作品28は、リヒャルト・シュトラウス1895年に作曲した交響詩である。


目次

1 概要

2 作曲の経緯

3 初演

4 演奏時間

5 編成

6 音楽・構成

7 室内楽編曲版

8 脚注

9 外部リンク

10 その他


概要

14世紀の北ドイツの伝説の奇人ティル・オイレンシュピーゲルの物語を、シュトラウスの巧みな管弦楽法で音楽化した作品であり、「ロンド形式による昔の無頼の物語」という副題を持つ。
作曲の経緯

シュトラウスは交響詩の第3作『死と変容』(1889年)の後、歌劇の作曲に意欲を見せた。しかし、キリル・キストラー(Cyrill Kistler、1848年 - 1907年)の歌劇『オイレンシュピーゲル』に触発された、「ティル」を主人公とする歌劇は未完に終わり、その後完成した初の歌劇『グントラム』は初演(1894年)が失敗に終わったことから歌劇の作曲を一旦あきらめ、再び交響詩を手がけることにした。「ティル」をテーマとした新しい交響詩は1894年から1895年にかけて作曲され、5月6日に完成した[1]
初演

1895年11月5日ケルンにてフランツ・ヴュルナーの指揮で初演された。

日本初演は1929年5月19日日本青年館にて、近衛秀麿と新交響楽団(NHK交響楽団の前身)による。
演奏時間

約15分
編成

従来の交響詩は3管編成であったが、この曲から4管編成が用いられるようになった[1]

編成表木管金管
Fl.3, ピッコロ 1Hr.4
(更に5 - 8番は任意で増強可能)Timp.1人(4個でペダルは必携)Vn.116
Ob.3, コーラングレ 1Trp.3
(更に4 - 6番は任意で増強可能)他大太鼓
小太鼓
トライアングル
シンバル
大きなラチェットVn.216
Cl.B管 2, D管クラリネット 1,
バスクラリネット 1Trb.3Va.12
Fg.3, コントラファゴット 1Tub.1Vc.12
他他Cb.8

音楽・構成

ロンド形式で作曲されている。ヘ長調。Gemachlich(落ち着いた感じで)‐Volles zeitmass(sehr lebhaft)(イン・テンポで(非常に生き生きとして))。

弦楽器による親しみやすい短い前奏で始まる。これは昔話の「むかしむかし……」を表すテーマである。続いてホルンによるティル・オイレンシュピーゲルの第1のテーマが出る。


◇ピンチです!◇
◇暇つぶし何某◇

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:15 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE