チョコレート
是非お友達にも!
★暇つぶし何某★

[Wikipedia|▼Menu]

「チョコレート」のその他の用法については「チョコレート (曖昧さ回避)」をご覧ください。

この記事には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。
チョコレート

<チョコレート類>ミルクチョコレート[1]100 gあたりの栄養価
エネルギー2,335 kJ (558 kcal)

炭水化物55.8 g
デンプン 正確性注意(59.3) g
食物繊維3.9 g

脂肪34.1 g
飽和脂肪酸19.88 g
一価不飽和10.38 g
多価不飽和1.08 g

タンパク質6.9 g

ビタミン
ビタミンA相当量β-カロテン(8%)66 μg(0%)35 μg
チアミン (B1)(17%)0.19 mg
リボフラビン (B2)(34%)0.41 mg
ナイアシン (B3)(8%)1.2 mg
パントテン酸 (B5)(31%)1.56 mg
ビタミンB6(8%)0.11 mg
葉酸 (B9)(5%)18 μg
ビタミンD(7%)1.0 μg
ビタミンE(5%)0.7 mg
ビタミンK(6%)6 μg

ミネラル
ナトリウム(4%)64 mg
カリウム(9%)440 mg
カルシウム(24%)240 mg
マグネシウム(21%)74 mg
リン(34%)240 mg
鉄分(18%)2.4 mg
亜鉛(17%)1.6 mg
(28%)0.55 mg
セレン(9%)6 μg

他の成分
水分0.5 g
コレステロール19 mg
水溶性食物繊維1.0 g
不溶性食物繊維2.9 g
ビオチン(B7)7.6 μg
テオブロミン0.2 g
ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]


単位

μg = マイクログラム ? mg = ミリグラム

IU = 国際単位

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。

チョコレート(: Chocolate [?t??kl?t, -k?l?t] ( 聞く))は、カカオ種子発酵焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖ココアバター粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。略してチョコともいう[3][注 1]ショコラフランス語: chocolat)と呼ばれることもある。

近年の工業生産チョコレートでは、カカオマス、砂糖、ココアバター、粉乳といった主要材料以外に、原料コスト削減や加工性[5] を上げる目的で植物性の油脂などを加えたり、加工コスト削減の目的で乳化剤などを加えたり、風味の向上の目的で香料甘味料などを加えるなど、様々な添加物が配合されることも多い。


目次

1 チョコレートの呼称

2 製造

3 チョコレートの風味

3.1 カカオ分・乳分の比率による風味の分類

3.2 カカオマスの種類による風味の分類

3.3 チョコレートの製法による風味

3.3.1 磨砕工程

3.3.2 精錬工程

3.3.3 テンパリング(予備結晶化) 



4 性質

5 歴史

6 生産と消費

7 チョコレートの規格


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:84 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE