チョコレート
[Wikipedia|▼Menu]

「チョコレート」のその他の用法については「チョコレート (曖昧さ回避)」をご覧ください。

この記事には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています(詳細)。
チョコレート

<チョコレート類>ミルクチョコレート[1]100 gあたりの栄養価
エネルギー2,335 kJ (558 kcal)

炭水化物55.8 g
デンプン 正確性注意(59.3) g
食物繊維3.9 g

脂肪34.1 g
飽和脂肪酸19.88 g
一価不飽和10.38 g
多価不飽和1.08 g

タンパク質6.9 g

ビタミン
ビタミンA相当量β-カロテン(8%)66 μg(0%)35 μg
チアミン (B1)(17%)0.19 mg
リボフラビン (B2)(34%)0.41 mg
ナイアシン (B3)(8%)1.2 mg
パントテン酸 (B5)(31%)1.56 mg
ビタミンB6(8%)0.11 mg
葉酸 (B9)(5%)18 μg
ビタミンD(7%)1.0 μg
ビタミンE(5%)0.7 mg
ビタミンK(6%)6 μg

ミネラル
ナトリウム(4%)64 mg
カリウム(9%)440 mg
カルシウム(24%)240 mg
マグネシウム(21%)74 mg
リン(34%)240 mg
鉄分(18%)2.4 mg
亜鉛(17%)1.6 mg
(28%)0.55 mg
セレン(9%)6 μg

他の成分
水分0.5 g
コレステロール19 mg
水溶性食物繊維1.0 g
不溶性食物繊維2.9 g
ビオチン(B7)7.6 μg
テオブロミン0.2 g
ビタミンEはα─トコフェロールのみを示した[2]


単位

μg = マイクログラム ? mg = ミリグラム

IU = 国際単位

%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDI) の割合。

チョコレート(英語: chocolate [?t??kl?t, -k?l?t] ( 音声ファイル))は、カカオ種子発酵焙煎したカカオマスを主原料とし、これに砂糖ココアバター粉乳などを混ぜて練り固めた食品である。略してチョコともいう[3][注 1]ショコラフランス語: chocolat)と呼ばれることもある。

近年の工業生産チョコレートでは、カカオマス、砂糖、ココアバター、粉乳といった主要材料以外に、原料コスト削減や加工性[5] を上げる目的で植物性の油脂などを加えたり、加工コスト削減の目的で乳化剤などを加えたり、風味の向上の目的で香料甘味料などを加えるなど、様々な添加物が配合されることも多い。


目次

1 チョコレートの呼称

2 製造

3 チョコレートの風味

3.1 カカオ分・乳分の比率による風味の分類

3.2 カカオマスの種類による風味の分類

3.3 チョコレートの製法による風味

3.3.1 磨砕工程

3.3.2 精錬工程

3.3.3 テンパリング(予備結晶化) 



4 性質

4.1 健康への利害


5 歴史

6 生産と消費

7 チョコレートの規格

7.1 カカオ成分

7.2 チョコレート生地

7.3 チョコレート製品


8 いろいろなチョコレート

9 主な製造企業

9.1 日本国内

9.1.1 創業の古い順


9.2 日本国外

9.2.1 創業の古い順(現在も存続している企業)

9.2.2 その他


9.3 業務用(日本国内)

9.4 業務用(日本国外)


10 文化

10.1 チョコレートを主題としたフィクション


11 脚注

11.1 注釈

11.2 出典


12 参考文献

13 関連文献

14 関連項目

15 外部リンク


チョコレートの呼称

イギリス人が固形のチョコレートを考案するまでは、チョコレートといえば飲み物を意味した。現に、例えば米国では今でも「ホット・チョコレート」と言えば日本で言うところの「ホット・ココア」飲料を意味する。日本国内では、ココア粉末を使用したものをココア、生チョコレートの水分を多くしたものをチョコレートドリンクと称し分ける傾向があるが、これらチョコレート飲料の名称について厳密な定義は今のところない。

"chocolate"の語源については、辞典などでナワトル語のチョコラトルが由来とされているが、アステカスペインに征服される前にはチョコラトルという用例が無く、そもそもナワトル語には「チョコ」という言葉も「ラトル」という言葉も存在しないなど、はっきりしたことはわかっていない(ナワトル語でチョコレート飲料は「カカワトル(カカオの水)」)。一説によれば、スペイン人マヤ語の「チョコル(熱い)」とアステカ語「アトル(水)」から作った新語だという[6]チョコレートの歴史#チョコレートの語源も参照。

明治時代の独和辞典『袖珍獨和新辭林』によれば、Schokolateに?古聿(ショコラ、チョコレート、日本語読みでサコイツ、サコイチ)という訳を当てている。


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:85 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE