チューリップ
ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

この項目では、植物について説明しています。その他の用法については「チューリップ (曖昧さ回避)」をご覧ください。

チューリップ属
チューリップ
分類

:植物界 Plantae
階級なし:被子植物 angiosperms
階級なし:単子葉類 monocots
:ユリ目 Liliales
:ユリ科 Liliaceae
:チューリップ属 Tulipa

学名
Tulipa L.[1]
タイプ種
Tulipa gesneriana L.



T. gesneriana

T. linifolia

T. praestans

T. saxatilis

チューリップ(英語: tulip [?t(j)u?l?p])はユリ科チューリップ属の植物球根ができ、形態は有皮鱗茎。和名は鬱金香(うこんこう、うっこんこう)、中近東ではラーレ(トルコ語: lale、ペルシア語: ????? など)と呼ばれる。アナトリアイランからパミール高原ヒンドゥークシュ山脈カザフスタンステップ地帯が原産。

本項では日本では一般に栽培されているTulipa gesneriana(植物学者コンラート・ゲスナーにちなむ)及びそれ以外の原種・園芸種(Tulipa 属全般)について触れる。


目次

1 和名について

2 園芸

2.1 原産地・生産地


3 象徴

3.1 国花

3.2 県花

3.3 市花


4 来歴

4.1 日本への伝来と栽培


5 伝説・民話

6 チューリップ相場

7 日本のチューリップ

8 食用と毒性

9 化粧品の原料

10 色々なチューリップ

11 脚注

12 参考文献

13 関連項目

14 外部リンク


和名について

和名の鬱金香は、この花の香りがスパイスまたは食品を黄色く染めるのに使われるウコンのような、ほこり臭いことに由来する。チューリップの花の香りは概してあまり良くないが、最近香りの良い品種も増えている。1970年ころまでは、牧野植物図鑑に「ぼたんゆり」という和名が載っていた。
園芸

チューリップには後述のチューリップ相場に代表されるように多様な園芸品種が存在する。外観は、花弁の先端が丸いもの・尖ったもの・フリル状のものもある。咲き方は一重から八重で、一つの球根から複数の花がつくもの、すぼまった状態で開花するものや花弁が外側へ反り返り全開して開花するものなど。花色も青以外の赤・黄・オレンジ・白・緑・紫などの単色や複数の色のものなど、数百品種のチューリップが存在する。青バラと同様に多くの育種家によって青いチューリップの開発が進められているが、花弁全体が青い品種は発表されていない。 チューリップの花を上から覗くと、花弁の根元に青い部分が存在する。その部分には青い色素がみられ、その青い部分を増やすことで青いチューリップを作る研究がされている。

大きな球根を採取する場合は開花から約2日後に花部を切断する。また、深く植えつけると分球が少なくなるがその分肥大はよくなる(植えつけた年は変化が無く、その次の年に影響する)。繁殖は主に分球で、実生(タネ)からは開花までに5年以上かかる。

他のユリ科の植物と同様、両性花であり、雌雄異熟によって自家受粉を防いでいる。

実生は品種改良の際に行われる。人気のある花だけに花形・花色・草姿・葉の模様・ブルームの有無・香り・早晩性・耐暑性・耐湿性・多花性・繁殖力、切花では切花寿命・無花粉化・花茎の硬さなど改良されるべき性質が多く、特に日本の高温多湿に強い品種が望まれる。ただし、野生種をはじめ交配に使える素材も多いため、時間は掛かるが品種改良は比較的容易である。

開花前に裁縫に用いる針等を用いてチューリップの花の根元部分を貫通させ傷つけるとエチレンが発生し開花期間を長引かせることができ、開花後に同様のことを行なうと開花期間が短縮することがチューリップのみで確認されている。
チューリップの園芸品種群
主に栽培されているのはゲスネリアナ種 (T. gesneriana) である。これはヨーロッパに持ち込まれた改良種に名づけられた学名で、野生のゲスネリアナ種は無いとされている(元になった原種についてもよく分かっていない)
早生種

一重早咲き系 (Single Early)


◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:34 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE