ダン・スティーヴンス
[Wikipedia|▼Menu]

ダン・スティーヴンス
Dan Stevens
2017年
本名Daniel Jonathan Stevens
生年月日 (1982-10-10) 1982年10月10日(35歳)
出生地 イングランドロンドン
国籍 イギリス
職業俳優
活動期間2004年 ?
配偶者Susie Hariet (2009?)
著名な家族娘1人、息子1人
主な作品
映画
ザ・ゲスト
誘拐の掟
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
美女と野獣』テレビドラマ
ダウントン・アビー
レギオン
表示

ダン・スティーヴンス(Dan Stevens[1]1982年10月10日 - )はイギリスの俳優。
目次

1 略歴

1.1 私生活


2 フィルモグラフィー

2.1 映画

2.2 テレビシリーズ

2.3 舞台


3 出典

4 外部リンク

略歴

ロンドンのクロイドン出身[2]。養子の弟がいる[3]

パブリックスクールであるトンブリッジ校を卒業後、ケンブリッジ大学で英文学を専攻。伝統あるコメディサークルであるフットライツのメンバーでもあった[4]
私生活

2006年、イングランドの劇場で南アフリカ共和国出身のジャズ歌手であるスージー・ハリエットと出会い、2009年に結婚。現在3児の父。(2009年に娘ウィロー、2012年に息子オードリー、2016年にエデン(性別不明)が誕生)[5][6]
フィルモグラフィー
映画

年邦題/原題役名備考
2004
フランケンシュタイン
Frankensteinヘンリーテレビ映画
2006ドラキュラvsヴァン・ヘルシング
Draculaアーサー・ホルムウッド卿テレビ映画
2009回転
The Turn of the Screwフィッシャーテレビ映画
20132月の夏
Summer in Februaryギルバート・エヴァンス
フィフス・エステート/世界から狙われた男
The Fifth Estateイアン・カッツ
2014ザ・ゲスト
The Guestデヴィッド・コリンズ
誘拐の掟
A Walk Among the Tombstonesケニー・クリスト
靴職人と魔法のミシン
The Cobblerエミリアーノ
ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密
Night at the Museum: Secret of the Tombランスロット
2015クリミナル・ミッション
Criminal Activitiesノア
2017美女と野獣
Beauty and the Beast野獣(ビースト)[7]
2018リディバイダー
Kill Switchウィル・ポーター

テレビシリーズ

年邦題/原題役名備考
2006ライン・オブ・ビューティー 愛と欲望の境界線
The Line of Beautyニック・ゲストミニシリーズ
2007
アガサ・クリスティー ミス・マープル
Agatha Christie's Marpleマイケルエピソード『復讐の女神』
2008分別と多感
Sense & Sensibilityエドワード・フェラーズミニシリーズ
2010 - 2012ダウントン・アビー
Downton Abbey'マシュー・クローリー計25話出演
2017 -レギオン
Legionデヴィッド・ハラー計8話出演

舞台

年プロダクション役監督劇場賞
2004『
お気に召すまま』オーランドーピーター・ホールThe Rose Theatre, Kingstonノミネート - Ian Charleson Award[3]
2005You Can Never TellTheatre Royal, Bath
ゴドーを待ちながら
『私生活?Private Lives?』
空騒ぎ』クローディオ
2006The Romans in Britain[8]Marban/Maitlandサミュエル・ウェストCrucible Theatre, Sheffield
『花粉熱』[9]Simonピーター・ホールTheatre Royal, Haymarket
2008The Vortex[10]Nicky LancasterApollo Theatre, London
2009Every Good Boy Deserves Favour[11]フェリックス・バーネット、トム・モリスロイヤル・ナショナル・シアター、ロンドン
Arcadia[12]Septimus HodgeDavid LeveauxDuke of York's Theatre, London
2010Late at NightDavidリチャード・カーティスオールド・ヴィック・シアター、ロンドン
2012The Heiress[13]Morris Townsendモイセス・カウフマンBroadway theatre

出典^ “ ⇒Dan Stevens profile”. UK Cinema Release Dates. 2013年12月11日閲覧。
^ Tatler ⇒http://www.tatler.com/the-tatler-list/s/dan-stevens
^ a b“I'm not really posh, says 'Downton Abbey' actor Dan Stevens”. (2011年8月27日). ⇒http://www.telegraph.co.uk/culture/tvandradio/8727046/Im-not-really-posh-says-Downton-Abbey-actor-Dan-Stevens.html 2012年1月2日閲覧。 
^ “Footlights Alumni 2000-2009”. Footlights. 2012年10月15日時点の ⇒オリジナルよりアーカイブ。2013年12月11日閲覧。
^ “ ⇒Downton Abbey star Dan Stevens's joy over extra passenger”. The Telegraph. 2012年8月20日閲覧。
^“Sunday Telegraph September column & Sunday Times interview”. (2012年9月9日). ⇒http://www.dan-stevens.co.uk/content/sunday-telegraph-august-column-summer-times-interview 


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:20 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE