セルジュ・アロシュ
是非お友達にも!
◇暇つぶし何某◇

[Wikipedia|▼Menu]

セルジュ・アロシュ
2012年、ストックホルムにて
生誕(1944-09-11) 1944年9月11日(73歳)
フランス保護領モロッコ・カサブランカ[1](のちフランスに移住)
国籍 フランス
研究機関ピエール・エ・マリー・キュリー大学
コレージュ・ド・フランス
出身校高等師範学校
ピエール・エ・マリー・キュリー大学 (Ph.D.)
主な受賞歴国立科学研究センター 金メダル (2009)
ノーベル物理学賞 (2012)
公式サイト
www.college-de-france.fr/site/en-serge-haroche
プロジェクト:人物伝

ノーベル賞受賞者
受賞年:2012年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:個々の量子系の計測と操作を可能にした画期的な手法の開発

セルジュ・アロシュ(: Serge Haroche、1944年9月11日 - )は、フランス物理学者。2012年に「個々の量子系の計測と操作を可能にした画期的な手法の開発」、すなわち光子の研究でノーベル物理学賞デービッド・ワインランドと共同受賞した[2][3]。2001年以降、アロシュはコレージュ・ド・フランス量子力学教授を務めている。


目次

1 私生活

2 経歴

3 研究

4 受賞歴

5 脚注


私生活

セルジュ・アロシュはカサブランカユダヤ系の家に生まれた。父はアルベール・アロシュ(1920年-1998年)、母はロシア系で旧姓 Roubleva (ロシア語: Рублёва) のヴァランティーヌ・アロシュ(1921年-1998年)である。父のアルベールは法律家であり、その両親のイーザク・アロシュとエスタ・アロシュはマラケシュ出身で、Ecole de l’Alliance Israelite で教師として働くためカサブランカに移ってきた[4][5][6][7][8][9]。母のヴァランティーヌは教師であり、生まれは当時ウクライナ・ソビエト社会主義共和国だったオデッサである。ヴァランティーヌの両親はキシナウミンスク生まれのアシュケナジムであり、1920年代はじめにパリに移ってきた[5][10][11][12]

アロシュは1956年のモロッコ独立の際にフランスに移った。現在はパリに住んでいる。彼の妻は科学者のクローディーヌ・アロシュであり、旧姓は Zeligsonというやはりロシア系ユダヤ人の移民である。40歳、43歳の二子がある[13][14][15]

フランスのシンガー・ソングライター俳優であるラファエルは甥にあたる[16]
経歴

アロシュは1967年-1975年の間、フランス国立科学研究センター (CNRS) に研究員として務め、1972年-1973年の間はスタンフォード大学アーサー・ショーローの研究室の客員博士研究員 (visiting post-doc) だった。


ご協力下さい!!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:38 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE