スラスター
[Wikipedia|▼Menu]

スラスター (thruster) は、スラスト(推す、thrust)に由来する言葉で、広義には推進システムの総称。
宇宙機

人工衛星惑星探査機などの宇宙機では特に、主推進以外の、姿勢制御軌道の微修正などに使うものをスラスターと呼ぶ。

宇宙空間で使用されるため、必然的にロケットエンジン(ロケットスラスタ)となる。人工衛星の寿命は地球低軌道以外はほぼスラスタの寿命で決まり、惑星探査機の場合もそれで決まることがあるため、長期にわたり故障せず繰り返しの使用に耐えなければならない。一方、主機関のように限られた時間内に大きな加速度を出す必要はなく、それを補えるだけの長時間運転が可能なら加速度は低くていい。

化学ロケットの場合は、燃料としてヒドラジン酸化剤として四酸化二窒素などを使ったヒドラジンスラスタが主に使われる。触媒等により自動点火可能であり、点火機構の信頼性を気にする必要がない。

ヒドラジンスラスタに取って代わりつつあるのが、イオンエンジンを使ったイオンスラスタである。比推力が化学ロケットの10倍以上と桁違いに高いため、限られた燃料で長期間の使用が可能である。加速度は著しく低いが、スラスタとしては問題とならない。

イオンロケットは、長く主にスラスターとして使われてきてイオンスラスタが同義語として定着しているためか、はやぶさなどイオンエンジンが主機関として使われていてもスラスターと呼ぶことがある。イオンエンジンの性質上、宇宙空間での低加速度・長時間の使用という面では通常のスラスタと共通する。
船舶

船舶の推進装置の一部もスラスターと呼ばれる。

プロペラが水平方向に360度回転する
アジマススラスター。宇宙機の場合と異なり、主推進のことが多い。

船を横方向に動かすために横方向に向けたスクリュー(サイドスラスター)。

設置位置に着目して、これらが船首に設置されている場合バウスラスター、船尾ならスターンスラスターとも呼ぶ。
関連項目

原子力推進

ジェットエンジン

ロケットエンジン

固体燃料ロケット

液体燃料ロケット

ロケットエンジンの推進剤

固体ロケットブースタ

アポジキックモーター


ブースター

バーニア

プロペラ

シュナイダープロペラ










宇宙機の推進方法
化学ロケット

形態

液体燃料ロケット

固体燃料ロケット

ハイブリッドロケット

推進剤
液体推進剤

極低温(英語版)

ハイパーゴリック


一液推進系

二液推進系

二段燃焼サイクル

エキスパンダーサイクル

ガス発生器サイクル

タップオフサイクル

圧送式サイクル

電動ポンプサイクル


三液推進系


電気推進

静電

コロイドスラスタ(英語版)

イオンスラスタ

静電イオンスラスタ(英語版)

ホールスラスタ

電界放射式電気推進(英語版)

イオンクラフト


電磁
パルス誘導スラスタ(英語版)

MPDスラスタ

無電極プラズマスラスタ(英語版)

VASIMR

電熱
パルスプラズマスラスタ(英語版)

ヘリコン二重層スラスタ(英語版)

アークジェット

レジストジェット・ロケット

その他
マグビーム(英語版)

ハイパワー電気推進(英語版)

マスドライバー

共振空洞スラスタ


原子力推進

閉鎖系

原子力電気ロケット(英語版)

核熱ロケット(英語版)

ラジオアイソトープ(英語版)

ソルトウォーター(英語版)

ガスコア(英語版)

ライトバルブ(英語版)


開放系
核パルス推進(英語版)

反物質(英語版)


核融合ロケット(英語版)

バサード・ラムジェット(英語版)


核分裂断片ロケット(英語版)

核分裂帆(英語版)


核光子ロケット(英語版)


その他
太陽帆

エレクティックセイル(英語版)

マグネティックセイル


レーザー推進

ライトクラフト


太陽熱ロケット(英語版)

テザー推進

スイングバイ

反重力

Portal:宇宙開発

この項目は、工学技術に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めていますPortal:技術と産業)。


更新日時:2017年8月28日(月)18:41
取得日時:2018/09/20 01:22


記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:10 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE