スペイン語
◇ピンチです!◇
■暇つぶし何某■

[Wikipedia|▼Menu]

スペイン語 / カスティーリャ語

espanol / castellano
発音
IPA: [espa??ol] / [kaste??ano], [kaste??ano]
話される国スペインブラジルを除く南北アメリカ諸国(メキシココロンビアアルゼンチンなど)、赤道ギニア(約20カ国)
地域ヨーロッパアメリカ州などの旧スペイン植民地
話者数約4億2000万人
話者数の順位2-3(基準によって順位は異なる)
言語系統インド・ヨーロッパ語族

イタリック語派

ロマンス諸語

西イタロ語

西部

ガロ・イベリア語

イベロ・ロマンス語

西イベリア語

スペイン語 / カスティーリャ語








公的地位
公用語下記参照
統制機関スペイン王立アカデミー(Real Academia Espanola, RAE; ⇒[1], スペイン語アカデミー連合 (Asociacion de Academias de la Lengua Espanola, AALE; ⇒[2]
言語コード
ISO 639-1es
ISO 639-2spa
ISO 639-3spa
SILSPN
テンプレートを表示

スペイン語(スペインご、 espanol)もしくはカスティーリャ語(カスティーリャご、 castellano)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派に属する言語。略して西語とも書く。


目次

1 概要

2 歴史

2.1 音韻対応


3 方言

4 話者分布

5 音韻

5.1 母音

5.1.1 二重母音・三重母音

5.1.2 アクセント


5.2 子音

5.2.1 二重子音


5.3 音韻的特徴

5.4 外来語


6 アルファベット

7 文法の特徴

7.1 規則動詞の現在時制における活用形

7.2 不規則動詞serの活用

7.3 助動詞haberの活用


8 脚注

9 関連項目

10 外部リンク


概要  castellano(カステリャーノ、カステジャーノ)と呼ばれている国・地域  espanol(エスパニョール)と呼ばれている国・地域

スペイン語は、スペインおよび、ブラジルを除くラテンアメリカ地域における主要言語で話者人口は約4億2000万にものぼる。スペイン語を公用語としている国と地域の数は20以上あり、世界で英語(約80の国・地域)、フランス語(約50の国・地域)、アラビア語(約27の国・地域)に次ぐ4番目に多くの国で使用されている言語である。国際連合においては、英語、フランス語、ロシア語中国語アラビア語と並ぶ、6つの公用語の1つである。インターネットにおいては、利用者全体の約8%がスペイン語使用であり、英語(約27%)と中国語(約23%)に次ぐ第三の言語である[1]。(インターネットにおける言語の使用参照)

日本では、一般的にスペイン語と呼ばれることが多いが、イスパニア語と呼ばれることもある[2]。日本におけるスペイン語の漢字表記は「西班牙語」。漢字表記を略して西語と表記されることもある。スペイン語において「スペイン語」を意味する名詞は、“castellano”(カステリャーノ、もしくはカステジャーノ[3]) または“espanol”(エスパニョール)。


是非お友達にも!
■暇つぶし何某■

[次ページ]
[記事の検索]
[おまかせリスト]
[ブックマーク登録]
[mixiチェック!]
[Twitterに投稿]
[オプション/リンク一覧]
[話題のニュース]
[列車運行情報]
[暇つぶしWikipedia]

Size:80 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE