スコッチ・ウイスキー
[Wikipedia|▼Menu]
様々なスコッチ・ウイスキー

スコッチ・ウイスキー(英語: Scotch whisky)とは、英国スコットランドで製造されるウイスキーのこと。日本では世界5大ウイスキーの1つに数えられる[† 1]。現在のイギリスでは後述のとおり2009年スコッチ・ウイスキー規則により定義され、糖化から発酵蒸留、熟成までスコットランドで行われたウィスキーのみがスコッチ・ウィスキーと呼ばれる。麦芽を乾燥させる際に燃焼させる泥炭(ピート)に由来する独特の煙のような香り(スモーキーフレーバーと呼ぶ)が特徴の1つだが[1]、銘柄によってこの香りの強さはまちまちである。ウイスキーはイギリスにとって主要な輸出品目の1つであり、その輸出規模はおよそ200か国、日本円にして6000億円[2]。(注: 以下で取り上げられる値に関して。2009年のポンド―円為替相場は,1ポンド=約146円) 。ウィスキーの全生産量のうち、およそ7割を占めているウィスキーである[3]


目次

1 イギリスにおける法律上の定義

2 スコッチ・ウイスキーの種類

3 歴史

3.1 起源

3.2 密造時代

3.3 連続式蒸留機の発明とスコッチ・ウイスキーの多様化

3.4 繁栄と停滞

3.5 第2の繁栄期


4 製造工程

4.1 モルトウイスキーの製造工程

4.1.1 製麦

4.1.2 醸造

4.1.2.1 仕込み

4.1.2.2 発酵


4.1.3 蒸留

4.1.3.1 概要

4.1.3.2 単式蒸留器


4.1.4 熟成

4.1.4.1 概要

4.1.4.2 樽


4.1.5 熟成終了後


4.2 グレーンウイスキーの製造工程

4.2.1 概要

4.2.2 連続式蒸留機



5 飲み方

6 スコッチ・ウイスキー蒸留所の地域別分布

6.1 モルトウイスキーの蒸留所

6.1.1 ハイランド (Highland)

6.1.2 スペイサイド (Speyside)

6.1.3 ローランド (Lowland)

6.1.4 アイラ (Islay)

6.1.5 キャンベルタウン (Campbeltown)

6.1.6 アイランズ (Islands)


6.2 グレーンウイスキーの蒸留所


7 スコッチ・ウイスキーの銘柄

8 瓶詰業者

9 脚注

9.1 注釈

9.2 出典


10 参考文献


イギリスにおける法律上の定義

2009年スコッチ・ウイスキー規則( ⇒The Scotch Whisky Regulations 2009)により次のように定義されている[4]

スコットランドにおいて製造されたウイスキー[5]であって、(a)スコットランドの蒸留所にて、水および発芽させた大麦(これに他の穀物の全粒のみ加えることができる。)から蒸留されたものであって、(i)当該蒸留所にて処理されマッシュとされ、(ii)当該蒸留所にて内生酵素のみによって発酵可能な基質に転換され、かつ、(iii)当該蒸留所にて酵母の添加のみにより発酵されたものであり、(b)蒸留液がその製造において用いられた原料およびその製造の方法に由来する香りおよび味を有するよう、94.8パーセント未満の分量のアルコール強度に蒸留されており、(c)700リットル以下の容量のオーク樽においてのみ熟成されており、(d)スコットランドにおいてのみ熟成されており、(e)3年以上の期間において熟成されており、(f)物品税倉庫または許可された場所においてのみ熟成されており、(g)その製造および熟成において用いられた原料ならびにその製造および熟成の方法に由来する色、香りおよび味を保持しており、(h)一切の物質が添加されておらず、または(i)水(ii)無味カラメル着色料、もしくは(iii)水および無味カラメル着色料を除く一切の物質が添加されておらず、かつ、(i)最低でも40%の分量のアルコール強度を有するもの
スコッチ・ウイスキーの種類

スコッチ・ウイスキーはまず、モルトウイスキーとグレーンウイスキーに分かれる。両者の違いには以下のような点がある。

名称原料蒸留方法
モルトウイスキー大麦麦芽
[6]単式蒸留器を使用。2回行うのが一般的[6]
グレーンウイスキートウモロコシと大麦麦芽を5:1の割合で配合[7]連続式蒸留機を使用して連続的に行う[8]

モルトウイスキーは「ラウドスピリッツ(主張する酒)」[9]、「個性的で風味の豊かな」[10]と評され、グレーンウイスキーは「サイレントスピリッツ(沈黙の酒)」[9]、「風味に乏しく没個性的で、それを単体で飲むには不向き」[10]と評される。両者を混ぜて作られるのがブレンデッドウイスキーで、「適度な力強さと穏やかさを兼備」していると評される[11]。モルトウイスキー65%に対しグレーンウイスキー35%がブレンドの目安(クラシックブレンド)とされる[12]。ウイスキーのブレンドはブレンダーと呼ばれる専門家が担当し、1つのブレンデッドウイスキーを作るために数十種類のモルトウイスキーと数種類のグレーンウイスキーが混合される[13][† 2]


次ページ
記事の検索
おまかせリスト
▼オプションを表示
ブックマーク登録
mixiチェック!
Twitterに投稿
オプション/リンク一覧
話題のニュース
列車運行情報
暇つぶしWikipedia

Size:258 KB
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
担当:FIRTREE